ヤマト運輸、メール便廃止

ヤマト運輸のメール便が廃止になって、そろそろ1ヶ月。

メール便を使っていた人たちの中での混乱は続いています。

混乱の原因は
「信書が送付できるかどうか」と「どこまでが信書か」の混乱と
「サイズ」と「料金」の問題です。

メール便で82円で送付できていた物が
郵便局のクイックポストでは180円かかるうえに、
入れる封筒まで買わなければならず、その差は約3倍です。

そのうえ、メール便と同じ程度の追跡サービスも遅いとなると、
なんのための郵政民営化なのか?

私としては不満です。

「民営化するなら、ちゃんと民営化しようよ~」
そう思います。

こう書くと、私が
より民営化する方向に賛成しているように思う方も多いですが、
私は、そんなことは考えておりません。

JRや郵便局、ガス、水道、電力などの
国民生活の基盤を支えるサービスは、
あまり簡単に競争の中に放り込むべきものではないと考えています。

ただ、「郵便サービスは誰のためなの?
 郵便株式会社の給料は誰が払っているの?」
と思っているだけです。

今回のメール便廃止は、
ヤマトがシェアを拡大しすぎたからなのか。
旧郵便局側を救わなければいけないのか。
さもなければ、
(日本郵便株式会社が本当に民間企業なら)官民癒着なのか。
ただヤマトが個人客を切りたかったのか。

私にはわかりません。

でも、中小企業にとって、
送付の経費が一挙に約3倍って、
どう考えても
「ケンカ売っていますか?日本郵便株式会社さん」
という状態です。

どう考えてもおかしいやろ(なぜか関西弁)。

そのうえ、郵便局の信書かどうかのチェック体制にバラつきがあります。

そうなると、余計に混乱します。

混乱は作業効率を下げます。
しかも基準のわからない混乱は対処する気力もなくさ

 

 


【無料】『女性感情マーケティング』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須