海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス②

海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス2
全員が告知文を読んでくれても 5000部の本が売れるためには、 最低50万人に告知しなければいけません。 しかし、告知文を読んでくれる人は、 メルマガでもLINEでも、 全員とはいきません。 ですので、 Amazon1位を取るために 業者に頼むより、 自分で告知協力者を探すほうが良いでしょう。 今日は、その方法をご紹介します。 今回もマインドック鈴木と 本を出版するSさんの 会話形式での記事です。

メルマガなど告知が読まれる率

:今ですね、 メールマガジンやLINEメッセージで配信しても、 読んでいる人のパーセンテージが5%あったら 化け物と言われているのが現状です。 Sさん:うん。 :ということは、 5%ということは 20倍にしなければいけないから、 50万人から注目してもらうためには×20です。 1000万人ですね Sさん:あー。(崩れ落ちる)

他人に頼むとしたら

:そう。 これを他人にやってくださいと頼んだら、 どれぐらい膨大なお金を払わなきゃいけないか 分かると思うのですよ。 Sさん:うん、うん。 :しかも、やるとしても、 『ピックアップするユーザー知りませんか』と、 あなたのとこに絶対に聞いてくると思うし、 業者にできますと言われても、 ちゃんとやっているのか あなたで管理できないですよね。 お金払っていたとしても・・・です。 Sさん:うん、うん。 :だから、 相当信頼している人に頼まないといけない という問題になります。 Sさん:なるほど。

自分で告知協力者を探す

:次は、あなたの方で告知協力者をみつけて、 定型文でいいので、 向こうが告知しやすいように 告知の言葉を短いのと中ぐらいと長いのと 3パターンぐらい作って、 これで告知してくださいと頼む方法があります。 Sさん:なるほど。 :定型文は1種類でも良いですけれど、 「アレンジしても構いませんのでお願いします」 という風に頼んでください。 そうすると、 50万人分のリストを持っている人にリーチしたとしても、 自分の本の出版と重なっているとかで、 ハッキリ言って全員がOKしてくれないわけです。 Sさん:うん、うん。 :ちょっと内容的に相当の作業ですよね。 Sさん:なるほど。 :でも絶対に、 今から少しずつでもやっておいた方が良いです。 「大体いつ頃出版になりますので、 出版になったら再度ご連絡します。 定型文もつけますので、 ご協力いただけますか?」 という風に連絡しておきましょう。 Sさん:はい。 :「大体内容はこんなものです」 というのを振りまいて、 OKしてくれる人をリスト化しとく というのは必要です。 Sさん:ふん、ふん、ふん、ふん、ふん。

まとめ

告知協力者を自分で探しておく。 告知協力者が告知しやすいようにする。 こうやって、出版直前と直後に、 自分で出版キャンペーンをしましょう。 作業量が多いのがネックですが、 これなら低予算で告知できます。 “お金がないなら知恵を出せ。 知恵もないなら行動しろ“ 出版時も同じですね。

次回予告

次回は、プレスリリースを使いましょうという話題です。 マスコミの告知は威力があります。 プレスリリースを使わない手はありません。