成功者は仕事の判断に直感力を使っていないのを知っていますか?

あなたは仕事で判断が必要な時
直感に頼ってしまっていませんか?

実は直感に頼っては
いけない人たちがいるのです。

直感で行動する方は
気を付けなければいけないかもしれません。

直観と直感の違い

直感に頼って良い、悪い人がいます。

どういう人が頼っちゃいけないかと言うと、
起業したてや、独立後2年以下の人は、
直感に頼ってはいけません。

どうしていけないかというと、
それは次の文字を読んで下さい。

「あなたの直感は、直観ですか、それとも直感ですか」

そうなのです、
直感というのは、
実は2種類あるのです。

直に観るという方は、
本質を見抜くという意味があります。

そしてもうひとつは、
直に感じるなので、
感覚や感情を感じているという意味です。

実際にビジネスで使えるのは
直に観るほうです。

その理由は、
私たちは、本能でまず生きて、
それから感覚や感情というのを
言語化したり感じたりすることができるようになり、
直感を感じられるようになります。

その後、経験を積んでくると、
慣れてることや取得データが多いものに関して、
直観が働くようになるのです。

ですので、
ビジネスを始めたばっかりの人が直感で判断すると、
どうしても感覚や感情になってしまうので、
大変危険です。

最初は直感で動いてはいけません。

直観は経験や知識も基づく

『湯川秀樹博士』、
『ウォーレン・バフェットさん』、
『スティーブ・ジョブズさん』
が使っていたのは直観です。

湯川秀樹博士が夢の中で閃いたというのは、
どう頑張ってもそれまでの蓄積があるからです。

ウォーレン・バフェットさんは
世界的な株の大富豪ですが、
今でも8時間毎日読書をするそうです。
データを溜めているのです。

それから、スティーブ・ジョブズさん。
いかにも直感で判断してやってきたように
皆さん感じているかもしれませんが、
彼は一時自分の感覚や感情が
暴走しないようにということで、
禅の修行をしていました。

つまり、それぐらい、
成功する人はみんな、
自分の直感に頼っていません。

データを貯めて心穏やかに過ごせるように
自分を鍛えていたんです。

まとめ

直観とは、
自分の過去の経験や
知識などをふまえて
思いつくものです。

ですので、
起業したてや独立後2年以下の人に働くのは、
直感の場合が多いです。

直感に頼ってはいけません。

ちゃんといろんなデータを見たりして、
自分の直に観る方の直観が
育つまで待ってくださいね。

 

追伸・・  

🎁ズバリ言うわよ🎁

森羅万象様々なことを
心理的側面から独断と偏見で解説する動画たち
https://www.youtube.com/channel/UC7sEP9P0ONnaSKY1HXpp0ng