古くて新しい住まいの形

こんにちは。
集客コンサルタント
マインドックの鈴木貴子です。

「老人ホーム」と「保育園」を同一敷地内に開設する
「老保連携」の民間事業例が次第に増えています。

 

老人を孤独にさせない「世代間交流」

そういえば、スタジオジブリの映画「崖の上のポニョ」でも
そーすけ君の通う保育園は、母親が勤める老人ホームに隣接し
園児とお年寄りが交流していました。

a0055_000408

 

老人を孤独にさせず、子どもや若者にもメリットがある
「世代間交流」ですが、新たに「ホームシェア」も登場しました。
独居あるいは夫婦の老人が、自分の住まいの一部を学生に貸し
共同生活を営むというものです。

 

ん? 新たに……?
いやこれは、昔からある「下宿」じゃないですか。

下宿なのか? ホームシェアなのか?
私には、見分けがつかないです(笑)。

でも、すごく良い住まう形だと思います。

 

可能性が広がる「住まいのシェア」

ただし、表向きより
不文律のルールがどうなるかが成否の決め手になるでしょう。

他人と暮らすためのルールが出来上がれば、
一人暮らしの高齢者だけでなく、
単身者(ソロの人々)にも、
住まう形に多くの選択肢ができてます。

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

シェアハウスも都市部では流行して
成功の鍵は、
「入居者選び」と言われます。

athomeのサイトでも、
『人間関係に生活スタイル、経済事情… 課題の多いシェア生活を成功に導くプロのアドバイス』
という記事が書かれています。

生活ルールを取り決めよう

光熱費関係の精算方法を入居者同士でしっかり認識する必要があると思われます。過去の案件で一番円満にできるのは全て折半でした。

元ヤンで幼馴染みの3人組が3LDKを借りて仲良く暮らしている様と、女性2人でルームシェアをしてケンカ別れして2年ほどで解約してきたのが、契約した時期も近く、対照的で印象に残りました。家事や、家賃や水道光熱費や食材など、細かく話し合いで取り決めるといいですね。

共用部や共用の家電製品の使い方・時間帯、電気ガス水道の使用量、清掃の頻度や度合などが人それぞれなので、ルームシェアをする際に不満が出やすい。また、友人を招いたりなどの際は、話し声や共用部の独占なども関係性に影響を与えやすくトラブルになりやすい。

いちばんトラブルになるのは、食べ物と聞きます。冷蔵庫に保管していたら食べられていたなどでトラブルになるようです。また、総じてコストはかかるようなので低コストで運営できる方法を模索することが重要だと思います。

遠慮なくしっかり箇条書きでルールを決めておかないと、小さい我慢の積み重ねで大きな揉め事になります。

しかし、海外では、学生のルームシェアは普通のこと。
男性と女性がルームシェアしていたりすると
驚いてしまいますが、
男女関係などにも発展せず穏やかに暮らしています。

つまり、他人と暮らすには、
精神的に自立していなければならず、
自分たちでルールを作っていけるかが重要です。

 

日本もソロ男子、ソロ女子が多くなるのですから、
ホームシェアの定着、気になります。

シェア向きの物件やシェア用リフォームなど
新たな需要が生まれる日は近いのかもしれません。

私も誰か女性とシェアハウスしたい!!

【まとめ】
明確なルールより
不文律のルールがどうなるかが
定着するかどうかのカギです。

▼参考URL
http://bylines.news.yahoo.co.jp/torusaito/20160928-00062609/
http://www.athome.co.jp/vox/house/54058/pages2/


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須