書置きは日清の戦略

日清のアンテナショップ

渋谷駅構内にあった、日清のアンテナショップ どん兵衛専門店「どんばれ屋」が 2016年7月31日に閉店しました。

2010年に短期間限定の予定でオープンし 予想以上の来店客に応える形で期間延長して 5年9カ月もの間、親しまれてきました。

その「どんばれ屋」の閉店が ネット上を騒がせる話題となりました。

dobi2 きっかけはTwitter。 「店内のぞいたら店長の本音が漏れてた」という 一文を添えられた写真には、閉店後のどんばれ屋店内の写真。 やかん・日清どん兵衛と一緒に置かれた手書きのメッセージには 「お湯入れるだけでいいから楽だったのに……。ありがとうございました。」の文字が。

クスッと笑いを誘われるこの写真は 1日で1万回以上リツイートされました。

その後、この写真とメッセージは 様々なネットニュースやまとめサイトに掲載され 大きな話題となりました。

これぞ正しいステルスマーケティング

結果として、

・日清どん兵衛の商品名とパッケージ

・日清がカップ麺のアンテナショップを開いていたこと

・日清に対するユーモアのある明るい企業イメージ

などを、数えきれないほどの人に見せたことになります。

たった1日で、お金もかけずに。

d77316bb-s店長か店員の置手紙のように見えますが 実はこれ、日清食品が設置したもの。 実に心憎いステルスマーケティングです。 SNSで話題になることも計算の上でしょう。

ステマというと、やらせ・サクラといった よくないイメージを抱きがちですが こんなステルスマーケティングなら どんどん真似をしたいものです。

「マーケティングは、 自社や商品・サービスの良さを 広くお客様に知らしめるためのもの。 けっして、嘘をついて お客様をだますためのものではない」

が持論の私としては、 嬉しい事例です。

これぞ、本当のステルスマーケティングですね。

まとめ

人を楽しませるセンスの良いステルスマーケティングを 見習って取り入れる。

画像元:https://www.nissin.com/jp/products/brands/donbei/