小さな会社がメディアに出る方法

こんにちは。
集客コンサルタント
マインドックの鈴木貴子です。

雑誌に載る。
テレビに取り上げられる。
Youtubeで人気になる。

その他、様々なメディアに出ると

お客様がたくさん集まります。
・ブランディングが上手くいって
 顧客単価がアップします。
・口コミで集客できるので、
 利益率がアップします。

なので、

テレビに出たい!
雑誌の載りたい!
ラジオでしゃべりたい!
業界新聞に取り上げられたい!

そう考えていらっしゃる方が多いと思います。

今回は、 小さな会社がメディアに出るために
私が、どのように指導しているか書きます。

 

こういう活動はプレスリリースと呼ばれます。

だから、ここからは ”プレスリリース” と書きますね。

 

大切なのポイントは3つ

私はプレスリリースで大切なのは、

1.時事性
2.話題性
3.公共性

の3つと考えています。

今回、メディアに取り上げられた
2つの活動を例にとって、
これを解説します。

 

1つ目は、今は超有名になった ”本能寺の変”です。

この本能寺の変は、
3つを10点満点で考えると

1.時事性・・・0点
2.話題性・・10点
3.公共性・・・9点

と評価できます。


●話題性としては、

・歴史の勉強とダンスの融合
・ダンスがカッコよくて面白い
・本職なのにYoutubeで無料で公開

ということで10点満点。

●公共性としては、

・無償で歴史の勉強ができる

ということで9点としました。

 

特に公共性はプレスリリースでは強力な武器になります。

だから、公共性の点数は×2とします。

そうすると、 ”本能寺の変”は38点となります。

多くのメディアで取り上げられ続けたのも納得の点数です。

 

369もう一つは、SankeiBizに取り上げられた
女性起業家のウェブ集客支援 またたび企画
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160808/bsl1608080500004-n1.htm

この会社、社員数はたったの2名。

一般的にIT機器が苦手とされる女性に対して、
分かりやすく実践的な講習で集客できるホームページをつくり、
メンテナンスもできるようにする。
小規模事業者に特化した活動が取り上げられました。

この会社の活動は、
3つを10点満点で考えると

1.時事性・・・6点
2.話題性・・1点
3.公共性・・・7点

と評価できます。


時事性としては、

・女性起業家が増えている
・政府も女性の就労を積極的に応援している

ので6点。

●話題性は、

・女性による女性支援

ということぐらいなので1点としました。

●公共性は、

・低価格で講習を行っている
・対象者が小規模事業者や主婦
・働きたい女性の応援

ということで7点としました。


先ほどと同じ公共性は×2します。

そうすると、またたび企画の活動は21点となります。

まぁまぁの点数です。
働きたい女性の応援という公共性をもっと前面に打ち出さないと
メディアに取り上げられ続けるのは期待薄です。


公共性が弱いと波及も弱い

child-1000610_640私はプレスリリースの経験はありませんが
テレビ出演はしています。

その時も企画会社へのプレゼンで
本業が取り上げられるので、
時事性については0点以外つけられない状況でした。

3.公共性
も低いので
2.話題性
を一生懸命高めた記憶があります。

それでも、公共性が低いので、
波及したのは、
他局のテレビと雑誌1件にとどまりました。

本当に公共性が弱いと
メディアに出るのは難しいと実感した出来事でした。


あなたがプレスリリースする時は、
自分の仕事をいかに公共性があるものに変換するか、
じっくり考えてくださいね。


【まとめ】
プレスリリースする時は
1.時事性 
2.話題性
3.公共性
を考えましょう。

特に
3.公共性は高められるだけ高めておくことをお奨めします。

 

 


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須