暗い! 暗すぎるのに受けるCM

こんにちは。
集客コンサルタント
マインドックの鈴木貴子です。

今回は、
ポーラのビューティディレクター(販売員)を募集するCMの話題です。

このCMに描かれる女性の状況に対する意見は、
個人によってさまざまだと思います。

しかし、今回のポーラのCMは、
マーケティングの成功例です。

 

事実が大切

マーケッターは、
現状を受け止め分析して、
そこから導き出されるデータを
自分の意見より優先しなければなりません。

自分の意見は横に置いて、
顧客になりきって
顧客の心理を読み取る努力をすると、
集客はうまくいきます。

 

今回のポーラのCM、
どのくらい成功しているかというと、

Yahooの記事に、

お客様コールセンターに『励みになった』『よくやった』とお褒めの言葉をいただきました。
『リクルート・フォーラムに行きたい』という方もいらっしゃったので嬉しいです。
こんなに多くの問い合わせがコールセンターに来るのは珍しいです。

とあるように、

多くの女性の共感を呼んでいます。

 

ポーラのCMですが、
ポーラという会社は女性が強く、
男性社員が気を遣う会社です。

だから、
このCMに登場するような女性はいません。

しかし、ユーザーや外部に目を向けると
ターゲットになる女性の多くが、
このCMに登場する女性のような状況にいると感じています。

そのターゲットに会社側が共感して
CMを作っているところが、
このCMの成功原因です。

私は

「女性向けのCMで
ひさびさに大手企業がうまい広告を打ってきた」

と感じています。

参照先:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00000001-jct-soci

【まとめ】
女性集客したいなら、
女性が共感できる広告をつくることが重要です。


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須