メガネスーパーのEコマースが売り上げ2倍を達成した方法

売り上げを向上させるには、どうすればよいでしょうか?

集客すればよい?
店舗やEコマース・サイトに訪れる人間が増えれば、万事解決でしょうか?

人が集まっても、成約に至らなければ意味がありません。
広告などに予算を投入して集客しても、
効果的な販売方法がなければ、広告予算の無駄遣いでしかありません。

集客は簡単ではないので、多くの人が集客について語っています。
しかし、集客に取り組む前にも、やるべきことはあります。

メガネスーパーの成功理由

メガネスーパーは、短期間でEコマースでの売り上げを2倍にするなど、
店舗とサイトの双方を使った販売戦略で優れた成果を上げています。

メガネスーパーによると、
「集客」に取り組む前に「売れる店舗」を作らなければ、
売り上げにつながらないとされています。

具体的には、「販売手法」と「在庫管理」を確立しなければなりません。

Eコマースにおける「販売手法」とは、
簡単に製品情報が理解できて、
店舗と同様の購入体験ができることや、
ユーザーが理解しやすいようWebサイトが作りこまれていること等が挙げられます。

また、「在庫管理」については、
店舗で見かけた商品が
Eコマース・サイトでは売り切れになっている等の問題が起こらないよう、
全社的な在庫管理体制を構築する必要があります。

そして、「売れる店舗」を確立した後に「集客」に力を注ぎます。

「集客」で重要なのは、
異なる複数のチャネルから同じメッセージを効率的に送る方法です。

Eコマースと店舗が分離していると、
Eコマースの担当者はWeb広告単体で施策を行わなければならず、
結果として効果的な宣伝が行えなくなってしまいます。

店舗とEコマース・サイトで相互に顧客を誘導したり、
会社のブランドサイトやブログを活用したりすることで
会社の資産を効果的に活用し、成果につながる集客が行えることが期待されます。

事業部門の連携と協力がキー

メガネスーパーが
店舗とEコマース・サイトの双方で成果を挙げてきたポイントは、
事業部間の連携です。

どんな取り組みも一つとして単一事業部で完結する仕事はありません。

販売手法は店舗とWebで同じ購入体験を提供し、
在庫は全社的に管理しなければなりません。
集客は全社の情報資産を活用しなければ効率が下がります。

Eコマース担当者が、本社の情報システム担当者にお伺いを立てなければならず、
必要な情報を必要なタイミングで公開することができないようでは、成果は期待できません。

過去の慣習や縦割りの弊害を打ち破り、
全社で共通の目標や評価指標を掲げるのは経営者の役割です。

もし、社員を巻き込めない悩みを持っているならば、
メガネスーパーの例を参考に、ヒントを見つけてみてくださいね。

PS:これからの時代、単一部門や単一媒体だけで完結させようとすると
かえって苦戦しますので、ご注意を!

参照元:http://eczine.jp/article/detail/1980


【無料】『女性感情マーケティング』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須