本当の勇気は「弱さ」を認めること・勇気ある決断が未来を変える

『本当の勇気は「弱さ」を認めること』という本があります。 この本が伝えるように、まず自分が怖がっているということを認めることから始めたら良いと私は考えています。 私たちは、自分が不安で怖がっていることを認めようとしません。 でも、一歩踏み出せる人は、不安と真っ正面から向き合い、その不安を抱えたまま一歩を踏み出すのです。

成功した企業の勇気ある決断

マネジメント研究の第一人者で、経済学者であるピータードラッカーはこう言っています。 「成功した企業は、きまって誰かがかつて勇気ある決断をした」 独立する時、 新商品を出す時、 新企画を出す時、 怖くない人などいません。 でも、一歩踏み出したからこそ、 収入がアップしたり、 爆発的に売れたり、 一挙に有名になったりしたのです。

不安は消えない

実際に行動に移そうとした際には、さまざまな不安があると思います。 ・実際にできるかどうか分からない ・色々言われるのが面倒くさいし、楽しくなさそう ・継続できるか不安 これ以外にも、さまざまな不安があるでしょう。 でも、今の状態のままいった先の未来が不安なら、 何かを変えてみるしか 不安は消えません。 現状のままで、 明るい未来は待っていません。 今、勇気を出して 何かを変えない限り、 幸せな未来は来ないのです。

不安を抱えたまま一歩を踏み出す

今あなたがすべきことは何ですか? 私は、まず自分が怖がっているということを 認めることから始めたら良いと 考えています。 『本当の勇気は「弱さ」を認めること』 という本があります。 私たちは、 自分が不安で怖がっていることを、 認めようとしません。 一歩踏み出せる人は、 不安と真っ正面から向き合い、 その不安を抱えたまま 一歩を踏み出すのです。 ブレネー・ブラウン:傷つく心の力(日本語字幕付き)

まとめ

独立したい。 副業を始めたい。 何か新しい活路を見出したい。 そう考えるなら、 私はあなたの勇気を無駄にはしません。 今の現状を変えるため、 ぜひ勇気ある決断を。 きっと不安が消えて 進む道が見えてきますよ。