陳列方法で集客と売上アップ

商品陳列の仕方をご存じですか

ショップのみなさん。 売上を伸ばす商品陳列の 仕方をご存じですか?

お客様の商品への興味・関心 そこからの購買意思決定を 左右するのは陳列の仕方次第です。

スーパーマーケットなどでは 特に意識すると良いでしょう。

なぜなら、大半のお客様は 来店後に商品決定をされます。

スーパーで買い物後に レシートを見たとき、 買い過ぎたということは 誰しもありますよね?

まさにそれが来店後に 商品を決定しているという証拠です。

顧客導線と視線の位置

初めは購入する気がなくても、 巡回しているうちに、 魅力的な商品があれば 購入へとつながるからです。

たとえば、スーパーなどでは 惣菜コーナーから始まり、 鮮魚・精肉と続いたりしますが、 これが今日の晩御飯を決めかねている 主婦層に刺さります。

また、 陳列棚の高さも意識されており、 もっとも手に取りやすい 60㎝から150㎝の間に お買い得商品が並んでいます。

このように、商品陳列においても 来店される方の 行動心理を読み取って 巧みに計算しています。

あなたのお店はどうですか?

お店を見回してください。 あなたのお店はどうですか?

改めて見ると、 改善点がたくさん見つかりますよね。

そんなお店に もっと売上が伸びるポイントを 教えるのが私の仕事です。

10分の1に縮小して売上2倍

縮小移転のペットショップで、 売上を2倍にしたのも、 お店の商品陳列を変えた事例があります。

オーナーは、トリミングの場所を 奥にしたかったのですが、 私は断固拒否! 外から一番よく見える場所にしました。

そして、オーナーの受賞記録も 外から見える場所にしました。

これだけで、 来店者の数が多くなりました。

そうして、 陳列も大きく手直ししたのと、 オーナーの努力で 売上は 10分の1に縮小したショップで 2倍を記録したのです。

まとめ

マーケティングは、 このように、 総合的に行うのがコツです。

あなたのショップは、 いかがですか?