絶世の美人を広告に使うと女性客集客に失敗します。なぜなら・・・

女性に向けたプレゼント

【動画】絶世の美人を広告に使うと女性集客に失敗します

絶世の美人を広告塔にしてはいけません

化粧直し実は、このごろ芸能界の女優さんたちも昔のようなタイプよりは、どちらかというと親しみがわくような人たちが多くなりましたよね。
男性もそれを好むっていう風になってきているところもありますが、それ以上に実は女性は親しみがわく人が好きなんですよ。

ですから、あなたの会社の広告に使う人も、親しみがわくような美しい人なら使ってみてください。
そういう人使うとすごく良いですよ。

あとですね、例えば50代の女性に売りたいんだったら40代の方を持ってきてください。
60なら50、そういう感じにするんです。

20代というともう同じ20代でも良いかもしれませんけれど、
女性は40歳を超えるとちょっと自分に自信がなくなってきます。

自信がなくなる理由のいくつもあります。

まずは生物学的なものとして
・体力が急激に落ちる
・美貌に陰りが出てくる
・出産リミットが近づく

次は社会的なものとして
・自分の能力がどのくらいかわかる
・出世の予測がつく
・婚活市場・恋愛市場で苦戦しだす
・生涯年収の予測がつく
・長生きのリスクに気が付く
・子供がいると子供の出費も多くなる時期

その他、友人の子供が成人したのを見て独身を悔やんでみたり、結婚していたら夫との仲がこじれてきたりしだす時期ですから、自信をなくす女性が多くいます。

男性は50代と言われているクライシスです。女性は40代でそれが来ます。

ですから、40代に売ろうとしたときに40代の人を広告に使うと余計に年齢を気にさせてしまいます。

そうではなくて、ちょっと年齢が下の方を使うと良いです。

「自分でもなれそう」と思わせるのがコツ

「自分でもそうなれそう」と思うような方を使うと良いです。
それが、コツなんです。

ですから、絶世の美人とか広告塔にしちゃいけません。
「ああはなれない」と思ってしまいますから。

女性はすごく、特に美容系とかお洒落系は現実を見てます。
そこに、ちょっとだけ魔法の粉・夢を振りかける。
それが、ちょっと年齢が下の方を使う理由です。

それには親しみやすくて、「私もああなれそう」ろいう感じの人を使うと良いです。
そして年齢はちょっとだけ下ですからね。
そこ、意識して起用してください。

まとめ

広告塔に使う女性は、ターゲットの年齢より少し若く、そして「自分もなれそう」と思わせる女性を起用しましょう。


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須