「思考・感情・本能」のバランスを整える事で 人生を好転させ魂を輝かせる・マインドック

ホーム » マーケティング » JAF水没実験動画から考える・集客に有効でない理由と改善方法
a

JAF水没実験動画から考える・集客に有効でない理由と改善方法

台風からの避難中に起こる水没・JAF実験動画

台風被害で亡くなる人の多くが車で避難中であったため、JAFの水没実験の動画が拡散されています。
タイムリーな動画ですので視聴者数も伸びているようです。

しかし、集客に有効な動画になっていません。
そこで、なぜ集客に有効でないのか、動画を紹介して理由と改善方法を書いていきます。

こちらの動画がそのJAFの水没実験の動画です。
車両水没実験 ~増水時を想定した水没テスト~【JAFユーザーテスト】
クルマが水没!!水深何cmまでスライドドアは開くか?(ミニバン)【JAFユーザーテスト】

しかし、私は、この動画を観て強烈な違和感を持ちました。

私にはなぜ、こういった実験をYoutubeに載せるのか? 理解できません。
危険回避させたいなら、一番厳しい条件下での実験を公開してほうが良いと思います。

JAFは本当に助けたいの?

この動画を観ていると、ちゃんと逃げて助かって欲しくないのかと感じてしまいます。

もし数%だったとしても、そのように感じさせるのはマーケティングにおいて良くないです。

実験は実験でしかないという意見もあると思いますが、
JAFの理念である『JAFは、自動車ユーザーに対し、安全と安心の支えとなるサービスを提供するとともに、交通の安全と環境のための事業活動を積極的に推進し、健全なくるま社会の発展に貢献します』から、ズレていると感じます。

台風や大雨の流れを予想して実験して欲しい

実際に被害にあわれた方は、台風だったら流れている水の中で車のドアを開けたと思います。
もしドアの正面から勢いよく水が流れてきていたらこの実験のようにドアは開きません。
海に落ちても波の向きや速さによって状況はまるで違います。
それなのに、なぜ、こういった実験をYoutubeに載せるのか? 私には理解できません。
危険回避させたいなら、一番厳しい条件下での実験を公開していただきたいです。

JAFの存在意義

なぜなら、JAFに加入しているお客様は、もしもの時に手助けを受けるためにJAFに入っているからです。

自動車に乗っていて何かあったらJAFが助けてくれる。
そう考えてロードサービスに加入していると思います。

ですから、そのJAFがYoutubeで水の中で、どのように対処したら安全を守れるかを公開していると動画を観たら加入者は考えます。

しかし、この実験はあまりに条件が良すぎる状況での実験結果です。
これを信じて対応したら、車の中の人は助からないと思います。

自然の怖さを知らない大人たち

現代人は自然に接することが少なくなりました。
河川は整備され生活に直結しないという方のほうが多いのが現状です。
海も整備された海水浴場で泳ぐだけという人が多いでしょう。
みなさん、川で危険と隣り合わせで遊ぶ経験もないまま大人になっています。
海でも泳ぐ場所を自分で決めることをしないため潮の流れを読むこともできない人のほうが多いです。

そのような方々がYoutubeを観るのだとしたら、自然の怖さがわかる実験を公開してあげるのが親切であると私は感じます。

加入者のロイヤリティが高まる

さもなければ、このYoutubeは実験であり現実に水没する時はもっと危険である旨を動画の中で語って欲しかったです。

なぜなら、そのほうがJAFの経営理念である安全と安心の支えとなるサービスを提供する役目を果たすので、加入者の方たちからのロイヤリティ(忠誠心)も高くなり、加入者の離脱率が抑えられます。そのうえ、未加入の潜在顧客にJAFの加入を動機づけられます。

ぜひYoutubeの内容を再検討していただけたらと思います。

まとめ

せっかくお金かけて実験して動画撮影したのにもったいないと私は思います。
「こんなに大変なことになるんだ」と思えば、加入者がもっとJAFをありがたがってくれるのになぁ。

あなたもお客様に誤解を与えるような動画があったら、ぜひ改善してください。

改善の仕方はマーケティングのブログを読んで考えてくださいね。

RECMMEND こちらの記事も人気です