お客様が進みたいと思っていてもステップが抜けていたら進めません

お客様が進みたいと思っていてもステップが抜けていたら進めません

集客できないと悩んでいる方は、 お客様が進むステップの段を 認識していますか?

このステップの段が抜けていると お客様が進むことができず、 『わからない』といって去って行きます。

このステップの段を しっかりと作ることで お客様はやっと進めます。

お客様はステップがないと進めません

集客ができていない。

そう思っているのなら お客様が進むステップの段が抜けています。

どういうことかというと、 カゴ落ちを考えてください。

あなたも購入に進む途中で 次のステップがわからなくて、 購入をあきらめてしまったことがあると思います。

お客様というのは、 わからないと 「わからない」と言って 終わってしまうのです。

かご落ちが発生する最大の理由は、 ステップの段が抜けていることです。

お客様が前に進む気は満々でも、 ちゃんとしたステップが構築されていないので、 お客様からすると、 「わー、進めない」 という感じになって終わっているのです。

悩ませるのはステップが抜けている証拠

階段を上ってくるように、 ステップを作らなければいけません。

それなのに、 進んできたら途中で、 「次どうしたらいいですか?」 と悩ませる作りになっている ページや配信をよく見かけます。

これは、自主性が高い人だと ちゃんと「どうしたらいいですか?」 と聞いてくれます。

でも、大体の人は 他にも選択肢がありますので、 「どうしたらいいですか?」と聞かないで、 「あ、ダメだ進めない」と言って、 そこで終わりにしてしまいます。

このステップがないことに 気がつかないままでいると、 あなたは、 『いつになってもお客さまが来ない』 と感じているだけになります。

さて、あなたは、 途中のステップをちゃんと作っていますか?

お客様に、 それをわかりやすく提示していますか?

お客様に、 「進みたいのに進めない」 と言われていませんか?

もっと高い物を買いたいのに

超有名なセミナー講師の20年以上前のお話しですが、 その頃、動画は 最低が約1000万とかの高い機材で 撮影するしかなったので、 それを購入しようと思って、 セールスマンを呼びました。

来たセールスマンが、 「これとこれとこれで こっちの方が安いです」 というプレゼンをしたそうです。

そのセミナー講師の方は、 「こいつ何言ってんだ」 となりました。

「俺は撮影をする機材を 買いたいとは言ったけれど、 安いのを買いたいなんて 一言も言ってない。

 それなのに、 安いのを提示してくる。

 高い方のパンフレットも きっとあるんだろうけど、出しても来ない」

「前に進めない」と言って、 その商談を断ったそうです。

次に来た人は、 「どうしたいのですか」 とちゃんと聞いて、 「何がご希望ですか? 一応全部説明させていただきます」 とやったので、 なんと2000万円クラスの撮影機材を買いました。

このように売上を上げるためには、 お客様に選択肢をちゃんと表示しないといけません。

あと、 疑問を質問できる体制も必要です。

まとめ

お客様が進もうとしていても ステップの段が抜けていたら 進むことができません。

お客様の疑問を聞き 選択肢を提示することで お客様は進むことができます。

自分のビジネスを、 分かりやすいのか? 途中のものが抜けていないか? を意識して考えてください。

進めなければ、 お客様は来ません。

というわけで、 お客様が前に進めるように、 ちゃんとやってくださいね。

そうすると、 集客ができるようになりますよ。