お客様のわからないをなくすと集客が増える

お客様のわからないをなくすと集客が増える

お客様の『わからない』をなくすと 集客がうまくいくのを 知っていますか?

お客様はわからないことがあると すぐに離脱してしまう傾向にあります。

よく物販のサイトでは カゴ落ちが問題になります。 カゴに商品入れたのに そのままいなくなっちゃう。

実はこの現象の一番多い原因は 次の手順がわからなくなってしまうからです。

いつも買い慣れたサイトで買い物したがる というのも、人はわからないが嫌いだからです。

ですから、 わからないを減らせば減らすほど うまくいくということになります。

そこで役立つのが、 ヒューリスティクスの2番目 利用可能性です。

脳は分かりやすい情報が好き

私が20年くらい前に独立したとき メルマガは 『中学2年生にわかるように書け』 と言われました。

それが今は小学校5年生。 伝える人によっては、 小学校3年生に解るように と言われています。

これはどういうことかというと 情報量が年々年々すごい勢いで増えているので、 全部わかるのは難しく、 全部学ぶ時間がない状況になりました。

その結果、 人はわかっていることの周囲しか 目にしなくなったためです。

検索と似た情報しか提示しないネット

ネットの発達も原因です。

ネットということは 検索する時に、 単語がわからないと検索できません。

知っている単語でしか検索できないから、 似たようなWeb情報しか出てきません。

しかも、ネットは、 あなたの見たものの履歴から おススメを提示してきます。

ですから、 あなたは新しい情報と思っていても、 過去に検索した情報の 周辺情報しか目にしません。

そのせいで、昔のように みんなが知っている情報がなく、 個人の情報が偏っています。

だからメルマガ・ブログなんかも、 文字をわかりやすくしないと 『わからない』という方が多くなってしまう。

手順も、単語を知らないから わからないという方が 非常に多くなっています。

この『わからない』をなくすと お客様が次の段階に進んでくれます。

なるべく わかりやすくするというのが 現在、非常に求められています。

エネルギー消費を抑えるためショートカットする

なるべくわかりやすくする理由はこれです。

脳はショートカットが とにかく好きです。

余力があっても楽が大好き というのが脳です。

脳というのは、 身体全部のエネルギーの25%を使います。

でも、顕在意識で認識できるものは 1%以下というのが近頃の研究結果です。

では、99%は何やっているのかというと 1%の後ろで一生懸命動いています。

後ろで動いている99%を もっとうまく顕在意識で認識できるようにすると、 脳はもっとエネルギーを 使わなければいけなくなります。

それなので、 すぐショートカットして 結論に行き着くということをやります。

そこで、図解・写真・番号や 言葉などを使って わかりやすくする必要があります。

わかりやすければ、 お客様は次々と 進んで行ってくれるので ちゃんと集客ができるようになります。

まとめ

『わからない』ことがなくすだけで お客様を集客できるようになります。

脳は難しい情報だと その情報を避けるようにできています。

そうならないように わかりやすくすることが大切です。

加えて、 情報が細分化されていますので、 あなたがわかっていることを わからない人も多くなっている ということも頭の隅に入れて、 わかりやすい告知を実行してくださいね。