「思考・感情・本能」のバランスを整える事で 人生を好転させ魂を輝かせる・マインドック

ホーム » マーケティング » お客様が買い物に来た時に認知のトラップで安心させて売上をアップしよう
a

お客様が買い物に来た時に認知のトラップで安心させて売上をアップしよう

認知のトラップを使うと
もっと売り上げをアップできるのを
知っていますか?

今回の認知のトラップは、
ヒューリスティックスの中の
1つ目の代表性と使ったものになります。

これを上手く使うことで
簡単に売上がアップできます。

何を言うかよりどう言うかが重要

あなたは、
『何を言うかよりどんな風に言うかが重要」
という言葉を聞いたことがありますか?

NLPを勉強している方は、
よく聞く言葉です。

NLPとは何だろう
と思っている方もいるかもしれませんので、
説明させていただくと、
NLPというのは、
神経言語プログラミングの略です。

NLPは、1970年代に最初に出来たもので、
この後、改良をずっと繰り返し繰り返しております。

いろんなうまくいっている人をモデリングして、
この人たちが何をやっているのかというのを
スキルのようにしたものがNLPです。

このNLPは、
・プラクティショナー、
・マスター、
・トレーナー、
・トレーナーズトレーナー
と進む資格があります。

私はトレーナーの資格を持っています。

NLPの中で、
『何を言うかよりどんな風に言うかが重要』
という概念が強調されています。

悪用する人たちは、
この概念をうまく使って
他人を自分の意図したとおりに動かしたりします。

自分の意図したとおりに
お客様の心理を動かせますから、
あなたのような良い人たちは、
これを良い方に使えばいいわけです。

代表的なものに似せると同じもののように認識する

ヒューリスティックスの代表性とは
例えば物販でしたら、
ナンバーワンの単語とか、
モンドセレクションに似せたマークとか、
を使うと、
お客様は
「ナンバーワンなんだ」
「モンドセレクションと同じ基準なんだ」
と思って買ってくれます。

お客様に有名人がいる、
そういうのも代表性の活用です。

このようなヒューリスティックスの代表性を
上手く使っていただいたら、
売上をアップするのがすごく楽になります。

ですので、
『代表的なものに似せると同じと認識される』
ヒューリスティックスの代表性を使ってください。

なんとなく似ているで同じと認識

トヨタのマークがどんなマークだか、
今すぐ思い出せますか?

車が好きな人だと、
たまに思い出せる方がいますが、
大半の人は思い出せません。

でも、見たら、
ああトヨタのマークね、
とわかるわけです。

これがどういうことかというと、
同じようなマークを見ても、
『あっ、トヨタのマークだ』
と認識してしまうということです。

だから、トヨタのマークと似たような
会社のロゴマークを作ると、
トヨタと同じという風に認識されます。

まとめ

代表的なものに似せることで
お客様は同じものと認識します。

この認知のトラップを
同じと認識して欲しいものに使うと、
お客様が安心してお財布を開いてくれる
ようになります。

ということなので、
代表的なものに似せるというのを
うまく使って、売上をアップしてくださいね。

RECMMEND こちらの記事も人気です