海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス⑩

海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス
どんなに出版して売れるように指導しても、 最後は、その人自身の ものの考え方で結果が違ってしまいます。 経営者は、運・鈍・根が大切。 そうして、運が良いと思い込むのも大切な資質です。 なので、最後は、 本を出版するSさんを励まして終わりました。 励ますのも コンサルタントの仕事の一つですからね。

成功は運・鈍・根

:そう。 経営は、運・鈍・根ですから。 Sさん:うん・どん・こん、ですか? :はい。 運があって、 ちょっとしたことを気にしない鈍感さがあって、 根性がある人が生き残るのですから。 Sさん:もう1回言ってください。 運の次はなんですか? :どんかんの鈍です。 Sさん:鈍ですね。 :根っこという漢字の根です。 根性の根。 Sさん:根ですね。 へー。 そうやって経営者はうまくいくんですね。 なるほど。 :はい。 Sさん:あー、もう。 こんなに何というか素晴らしい情報をありがとうございます。 :あなたの場合は、もうハッキリ言って、 出版社さんがそっち方面のネタにして出したい と言い出したのだって、運ですからね。 Sさん:確かに。そうですね。 :そうです。 Sさん:声かけてもらったのも運ですね。 :そうです。 Sさん:そうだ! わたしは運が良いのですね。 :そうです。 だって、あなたみたいな仕事をやっていて、 本を出したいという人は山のようにいますけど、 プレスリリースまでやってくれる出版社がついた というのだって、運なのですから。 Sさん:そうですね。 :そう。 Sさん:わー、頑張ろう。 :はい、頑張ってくださいね。 はい。 じゃあ今日はこれでいいですか? Sさん:はい、ありがとうございます。 :はい。

まとめ

成功するための 運・鈍・根。 運があっても 行動しなければ運は活かせません。 まずは自分の足で 根性を持って できることを全て実行しましょう。 そうして、 全てを実行するために、 伴走してくれる人を見つけましょうね。