海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス⑦

海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス⑦
日販や東販の流通を使って 本は販売されています。 そのため、何もしないと 出版後、6か月で回収され廃棄されてしまいます。 そうならないためにも、 ポジションを取って、 ロングセラーを狙いましょう。 ポジションが取れてエッジが効いていると 本が売れます。 今回も、マインドック鈴木と 本を出版するSさんの 会話形式で話が進みます。

日販・東販通したら半年で回収廃棄

:そうです。 普通は半年経ったら 日販さんが回収して もう廃棄処分になります。 Sさん:半年で、ですか? :そうです。 半年で、ですよ。 Sさん:そんな早いんですか? :はい。 Sさん:えー。半年なのですか・・・。 :でも、 「売れ続けるよね」と言ったら、 廃棄しないで残ります。 実際に動いていますからね。 Sさん:そうなのですね。 売れないと廃棄になってしまうのですね。 :そうなのです。 だから私の出した本なんかも、 本当にビジネスの経営者向けドンピシャの本だから チラチラ売れ続けているのです。 Sさん:そうなのですか。 :何もしないでも売れているのです。 だから、Amazon からも 入荷しますと連絡が来ます。 Sさん:へー、そうなのですね。 :つまり、廃棄されてないわけですよ。 そういう風なことも狙います。 Sさん:なるほど。 なんでそんなチラチラ売れるようになったのですか。 :私の場合は、有隣堂さんが案外推してくれて、 見えるところに置いてくれていたりします。 あと、私もセミナーで「こういう本を出しています」と言いますし、 ホームページにも載せていますし、 Facebook なんかに本の存在を載せていたりしています。 Sさん:なるほど。

ポジションが取れると売れます

:私は完璧に出した時に、 ポジション取りをしようとして、 タイトル決めていますから。 Sさん:ポジション取りですか? :はい。 あなたは気にしなくて大丈夫です、 出す内容がポジション取る内容ですから。 出版する際は、 ポジション取りという考え方があるのですよ。 結局、みんなが出しているのと同じ本を出したら 大きいところに負けちゃいますから。 Sさん:なるほど。 :はい。 ちょっとずらすという考え方ですね。 隙間になっているところの本を出すのです。 Sさん:戦略家ですね。 :はい、何もかも戦略です。 コツコツやるのが嫌いなので。 「コツコツやらなくて 何とかなりそうなものはないかしら」 とよく考えます。 そうすると、ポジション取りはすごく良いのです。 あなたの本は、 もう最初から内容がポジション取っていますし、 エッジも効いているので、そこは考えなくて良いです。 Sさん:なるほど。そうですか。 :はい。 ポジション取れますけど、 ただ、エッジが効きすぎているから、 それが吉と出るか凶と出るかですね。 その後の活動も、 どんなところに呼ばれるかみたいなことが、 あなたの本の内容はすごく限られていますからね。 Sさん:そうなのですよね。 だから、そう、吉と出るか凶と出るかわからないです。

まとめ

戦略で一番良い戦略は、 戦わないで勝つことです。 ですので、ポジションを取っていくと考えた時、 大きな敵と同じ場所で戦わないことが重要です。 そのため、本の内容も大切ですが、 本のタイトルはもっと重要になります。 本のタイトルは、 流行っているタイトルから、 少しだけ横にずらすと、だいたいポジションが空いていますよ。

次回予告

次回は、これまでの7回分の内容をぎゅっとまとめてアップします。