海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス⑥

海外でも出版できたSさんへの出版アドバイス⑥
出版後に著者の方々がやっている、 地道だけど有効な販促方法があります。 それは書店回り。 書店回りには、メリットいっぱいです。 ですので、売れている著者さんで 書店回りをする人は多いですよ。 今回もマインドック鈴木と 本を出版するSさんの 会話形式で進みます。 雰囲気を感じながら読んでくださいね。

書店回りはマスト

:まずは紀伊国屋で買ってもらう。 それから、売った後は書店回りをする。 来てもらうと喜ぶところと嫌がるところがありますが、 書店回りは絶対することです。 Sさん:書店回りですか? :はい。 Sさん:書店回りって何ですか? :売れている方たちは絶対に、 出た後、主要な書店さんを回ります。 要は、 「置いていただいてありがとうございます」 と言って、 動かして良ければ見えやすいところに動かすとか、 あと「ポップつけさせてください」とかお願いするのです。 Sさん:なるほど。 :みんな地道なことやっていますよ。 Sさん:それは、個人で行っているのですか? 私:個人でやっていますよ、みんな。 Sさん:そうなのですね。 :はい。 出版社さんがやるのは、 出版でどっかの書店で イベントやらせてくださいと頼むと思うのですよね。 セミナー形式のサイン会やるとか色々ありますから。 あなたの今回出すネタは、 バズるか、バズらないか、 みんな興味はあるのだけど・・・ という内容だから、 バズる可能性はあると思います。 Sさん:はい、そっちにかけたいです。 :ですから、 地道な作業はすると思って用意しといた方が良いですね。 Sさん:確かにそうですね。 なるほどなるほど、ポップですね・・・。 :はい。 それで、やっぱり、置いてくれているところに お礼に行ったら相手側も喜んで、 余計に見やすいところに動かしてくれたりとか、 そういうのもありますし、 「書店で置かれていました」 というのをFacebook に載せるとか、 売れています感を出すというのができますから。

交通費もかかるのでお土産はナシでOK

Sさん:なるほど。 それは何か菓子折りとか持って行くのですか? :まさか。 何にも持って行きませんよ。 Sさん:あ、持って行かないのですか? :そんなことしたら すごいお金がかかってしまいますよ。 Sさん:確かに。そうですね。 :ただお礼参りに行くだけです。 Sさん:なるほど。 :それでも、 東京都内でも大きい書店さんもだいぶありますし、 もうちょっと地方行くとなったら、 そこにもたくさんありますよね。 だから、そういう感じで、 とにかく売れています感を出すという感じです。 Sさん:はい。 :結局、ずっと売れていますとなれば、 すぐに増刷とはいかないかもしれないけれど、 ロングセラー入りというものもありますからね。 Sさん:はい。増刷+ロングセラーが理想ですね。 私:増刷は嬉しいですよね。 でも増刷じゃなくても、 「何かこの本ずっと売れ続けているよね」 となったら書店さんは仕入れてくれます。 Sさん:へー、そうなのですね。

まとめ

売れている著者さんほど、 地道な活動をしています。 出版後の書店回りはマストと考えましょう。 たくさんの人の目に触れれば、 それだけ部数が売れますからね。

次回予告

次回は、どんな本でもロングセラーを狙える ポジション取りについて話しますね。