「思考・感情・本能」のバランスを整える事で 人生を好転させ魂を輝かせる・マインドック

ホーム » マーケティング » 初心者でも簡単にメディアに取り上げられて売上アップできるプレスリリースの書き方
a
初心者でも簡単にメディアに取り上げられて売上アップできるプレスリリースの書き方

初心者でも簡単にメディアに取り上げられて売上アップできるプレスリリースの書き方

あなたは、
自分の商品やサービスを
雑誌・新聞・テレビ・ラジオなどに出て
紹介したいと考えていますか?

私はありがたいことに全部に出させていただきました。

雑誌・新聞・テレビ・ラジオなどに取り上げてもらうには、
2つの方法があります。

1つはは広告です。

もう一つがプレスリリースです。

広告よりプレスリリースのほうが
費用0円で出られますよね。

ですので、
起業したての方や費用がかけられない方は
「プレスリリースを活用しましょう」
と私は言っています。

さて、今日は、
その集客と売上アップに効く
『メディアに露出できるプレスリリースの書き方』
についてお話します。

うまくプレスリリースを書くことができると
メディアに取り上げられる確率がグッとアップしますので、
楽しみにしてくださいね。

メディアで働く人の心理を読み解く

さて、私のマーケティング手法は
常に相手の心理がどう動くのかを
考えるところから始まります。

プレスリリースの場合は、
メディアを観たり聞いたりしたお客様の心理と
プレスリリースの受信者のメディアで働く人の心理の
2つが関係します。

お客様が集まる・物が売れるというためには、
お客様の心理の動きが大切ですが、
そこはビジネスのコンテンツ作りでもあるので、
今回は話しません。

今回は、プレスリリースの受信者である
メディアで働く人の心理から考えて行きます。

1番目はドンピシャの企画書をリリースすること

1番重要なのは、
一斉配信のプレスリリースを使わないで、
ドンピシャの企画書をリリースすることです。

例えば、
自分がテレビ番組の企画担当者だったら
「あなたの番組にドンピシャです」
というプレスリリース以外観たくないですよね。

だから、大手企業以外は
絶対に一斉配信のプレスリリースを使わないでください。

対象メディアを絞るだけで、
企画書の書き出し部分を
メディア側の人の心に響かせることができます。
(コピーライティングでヘッドラインに入れるタイトルとサブタイトルです)

わかりやすくキャッチなタイトルや
続きが読みたくなるサブタイトルを
相手になりきって考えましょう。

2番目はプレスリリースの記事がそのまま使えるように書くこと

2番目に重要なのは、
プレスリリースの記事がそのまま使えるように書くことです。

メディアで働く人も人間ですから、
仕事は増やしたくないのです。
良い仕事をサクッと終わらせたいのです。

だから、雑誌に載せる文章なら、
そのまま載せられるように書きましょう。

テレビで放映されたいなら、
そのまま台本にできるように書きましょう。

写真があるなら貼りましょう。
動画あるならサムネイル画像を貼ってURLを入れましょう。

実際に使われなくても
「そのまま使える」ように書いたほうが良いです。

3番目はメディア側に恩を売ること

3番目は、メディア側に恩を売ることです。

商品があれば
「商品を贈らせて欲しい」と書きましょう。
贈りましょう。

サービスの場合も
「無償で提供します」と書きましょう。
プラスアルファを付けるぐらいの勢いで何かつけちゃいましょう。

「出してやるんだから当然」というメディアもありますが、
それでも同じ人間ですから、
何かもらえたりサービスされれば嬉しいのです。

4番目はメディアの宣伝にもなるようにすること

4番目は、3番目と似ていますが、
メディアの宣伝にもなるようにすることです。

それは、お客様にも無料提供やサービス提供することです。

よく「〇〇で見たと言ってくだされば本日無料」
とかやっていますよね。あれです。

もしレポートや情報商材を宣伝してほしいなら、
専用URLや電話番号を用意して、
紹介してくれたメディアからだけ
「無料」や「特別」で配ってください。

これはメディア側の宣伝にもなるので、
取り上げられやすくなります。

まとめ

以上、

・ドンピシャの企画書をリリースすること
・プレスリリースの記事がそのまま使えるように書くこと
・メディア側に恩を売ること
・メディアの宣伝にもなるようにすること

の4つを心がけて企画書を書くと
取り上げられやすいのでお試しください。

RECMMEND こちらの記事も人気です