「思考・感情・本能」のバランスを整える事で 人生を好転させ魂を輝かせる・マインドック

ホーム » マーケティング » 風評被害に勝つ方法・風評被害を予防する方法
a

風評被害に勝つ方法・風評被害を予防する方法

ビジネスをしていれば悪い噂は恐怖です。

事実がどうあれ「悪い噂」が立てば、
お客様が離れて行ってしまう危険性はたいへん高くなります。

一部のクレーマーの
「あの会社は顧客をバカにしている」
「商品が良くない」
というレビューコメントに
泣かされている経営者もいらっしゃるでしょう。

Amazonで物販をしていれば星の数は大問題です。

では、
この悪い噂を発生させないようにするには
どうしたら良いのでしょうか?

日本でもあったメールによる銀行の倒産危機

たった1通のメールやコメントでさえ大ごとになることがあります。

2003年12月、20代の女が知人に
「佐賀銀行が26日に倒産する」
という事実無根のメールを出し、
それがチェーンメール化。
噂が広がって取り付け騒ぎとなった佐賀銀行倒産メール事件。

バンコ・デルタ・アジア(マカオ)の倒産。
東亜銀行(香港)の取り付け騒ぎ。
ノーザン・ロック(イギリス)の資金繰り悪化により
同じ商品を扱う日本の会社が廃業や、
海外の過剰摂取による死亡記事で
同じ商品を取り扱う日本企業が傾くなど
という笑えない事例もあります。

風評被害を逆手にとって売上アップさせた知り合い

でも、このような逆風を逆手にとって
売上をアップさせた知り合いがいます。

その社長は
「逆の噂を悪い噂の発生個所に流す」
という手法を取りました。

ここで気づいて欲しいのは
「逆の噂」を発生させている点と
「発生個所に流している」点です。

悪い噂に、違いますと反論するのではなく
「そういう話は聞いてないよ」
「でも、〇〇は安全なんだよ」
という「噂」を
「発生個所」流した点は素晴らしいです。

風評被害の予防方法

でも、このような噂を流される前に予防できたら、良いですよね。

その方法がいくつかありますので、
ご紹介しましょう。

心理学の用語にある
ハロー効果(後光効果・ハローエラー)を使います。

容姿の優れている人なら、
きっと性格もいいに違いないと
決めつけてしまうのが、
わかりやすい例です。

口コミによって
お店や商品の評価を決めるのも、
ハロー効果の一種です。

「ハロー効果」という名前は、
アメリカの心理学者である
エドワード・ソーンダイクという人が付けました。

どのような効果かと言うと、
ある人物や物事を評価するときに、
それに大きな特徴があれば、
その特徴に評価が引きずられてしまう
という心理的効果です。

やることは4種類

このハロー効果を使って、

1.権威ある活動に参加する。
2.お客様の生の感想を集める。
3.都合の悪い話も公表する。
4.ボランティアをする。
をしておくと悪い噂が立ちにくくなります。

効果としては、

1. 国家機関や大学などの権威ある活動に参加して権威の保証があるから大丈夫と思ってもらう。
2. お客様の生の声で感想を集め、真実のみを伝える会社や人と思ってもらう
3. 自社に都合の悪い話も公表して誠実な対応をする会社や人と思ってもらう。
4. ボランティアや福祉活動によって優しい会社や人と思ってもらう。

があるからです。

また、もし悪い噂がたっても
「まさか、あの会社がそんなことをするわけがない」
という良いほうのバイアスがかかります。

このことにより、
悪い噂の拡散に抑止力がかかっている間に
「あれは噂です。事実は違います。安心してください」
と伝える時間が取れます。

つまり、
普段から良い噂を流して
浸透させておくのが
悪い噂を流されないコツです。

悪い噂を流したり消したりする会社もあります

なお、この世には、
ライバル会社の悪い噂を流すことを
商売にしている会社があります。

そうして、
その悪い噂を消すことを
商売にしている会社もあります。

私の名前は鈴木貴子なので、
北海道から選出の衆議院議員
・鈴木貴子議員の秘書が問題を起こした時、
名前検索でGoogleに並ぶサブジェクトが良くなくて、
非常に困りました。

その頃、悪い噂を消すことを商売にしている会社から、
よく連絡をもらいました(苦笑)。

自分で自分の名前を検索することがなかったので、
私をよく知るお客様からの報告で知ったという、
ちょっとマヌケな知り方をしてしまったのですが、
普段の態度が功をそうして、
あまり大ごとにならずに済みました。

まとめ

ぜひ、あなたも普段から良い噂が立つようにしておきましょうね。

なにせ風評被害は銀行でさえ倒産させかねない怖い敵ですから。

私も「情けは人の為ならず」なのでボランティアや寄付活動、頑張ります!

RECMMEND こちらの記事も人気です