人間は間違いを認めたくないがために不合理な選択をしてしまう

あなたは選択を間違えたとき、 素直に間違いを認めることができますか?

実はあなたの選択は もしかしたら不合理で 的確な判断ではないかもしれません。

判断をするとき、 あなたが何を 大切にしているかで 結果は変わってきます。

人間心理を理解する

「人間の心理を理解して、 マーケティングとセールスを行おう」 これは私の口癖です。

ちょっと以下の状況を考えてみてください。

■3つの扉のうち、1つの扉の向こうに、 あなたの好みの異性があなたを待っています。

3つの扉のうち、どれを開けますか?

■1つ開けたら、そこには誰もいなかったそうです。 扉を閉めましたので、また3つの扉から選んでください。

では、次はどの扉を開けますか?

間違いを認めたくない心理が働く

この実験をすると、 面白いことに、 なんと80%近くの方が 「同じ扉を開ける」 と答えるそうです。

同じ扉を開けるのは、 ちょっとまずいですよね。

「あなた、数学できますか」 と聞きたくなります。

最初は3つの扉ですから、 1つ開けるのは、 3分の1ずつの確率でした。

次に、残り2つを開けると 3分の2の確率になります。

わかりますよね。

でも、同じ扉を開ける人が8割いた というデータがあります。

では、何で同じ扉をまた開けてしまうのかというと、 1.自分が間違ったというのを認めたくない という心理が働きます。

そして、 2.そこをもう一度開けたら今度はいるのではないか という期待が働きます。

つまり、なんとしても自分の間違いを認めないわけです。

それぐらい人間は不合理です。

ですので、 それを分かって、 いろんなことをやらないといけません。

まとめ

人は選択をするとき 色々な心理が働きます。

間違いを認めたくない という心理は誰にでもあります。

その時、 あなたは理性を働かせるのか、 それとも自分の感情を癒したいのか。

そのどちらかで人生の選択をしているということ。

そして、 お客様も同じだということを 覚えておいてくださいね。