『危ないコンサルタントの特徴』人間関係の悩みを相談できない

人間関係の悩みが相談を受けない と言うコンサルタントの方がいらっしゃいます。

本人の経営のスタイルにもよるところありますが、 コンサルティングを受けるなら、 こういったことも相談できないと、 地味にキツイです。

人間関係の悩みを相談できない【動画】

指令を飛ばすのもサポート

私は、 自分のクライアントさんに男性が多かったので、 年末に仕事以外のサポートをしていました。

年末いっせいに ある指令がばーって飛びます。 あと、ホワイトデーの時も(指令が)わーって飛びます。

何の指令を出してサポートしていたかというと、 「奥様(彼女)にプレゼント用意して贈ってください」 と指令を出していました。

当たり前じゃないですか。

家庭が上手く行ってれば 仕事に集中できるわけですよ。 そうすれば業績も良くなります。

この家庭やプライベートが安定したほうが、 仕事の効率が上がって、 業績が良くなることは、 調査データで証明されています。

だから、 「奥様(彼女)にプレゼント用意して贈ってください」 という指令を出していました。

これは、すごい重要なサポートです。

私自身も、お会いするのが社長だけであっても、 奥様にホワイトデーの贈り物をしていました。

家庭の平和は業績アップに重要な要因だからです。

みんな誰かに相談したい

独立起業するといった時も、 家族に反対されてたら、 どういう風に家族に説明をしたらいいのか 悩みますよね。

だから、 そういった人間関係の悩みというのを 相談できる人が良いと私は思います。

私なんかも、一人でやっていますから 色んな悩みがあります。

「取引先にこう言われた」とか そういう悩みだって やっぱり誰かに相談したいですよ。

パッパッと判断できる時もありますけど そんな時ばっかりじゃないのが人間です。

今、新宿の自己所有のマンション残したまま 熱海で暮らしてるわけですけど(2018年現在の話) これだって、あれこれ悩むわけですよ。

ですから、 そういう人間関係の悩みや 経営に直接的じゃない悩みも 相談できるコンサルさんの方が 私は良いと思いますね。

特に独立起業、個人事業主とか言ったら 絶対そうです。

経営者は誰かの相談したい

ちょっと大きい会社になると 人間関係の悩みというより 人事の悩みですね。

これ、経営者は誰かに相談したいです。

外部から見ると、どう見えてるとか どんな社長さんでも気にしています。

また、やっぱり社長は、 社員に弱みは見せられないんですよ。

経営者は孤独だって言われるのは そういうところです。

社員で相談できる人は、 大体こうゴマすり器が多いので そんな人に相談してもしょうがないわけです。

一時の愚痴を聞いてもらう なら良いですけど そンな人からアドバイスなんか まずもらっても何の役にも立たないわけです。

だからこそ、外部に人間関係やその他、 相談できる人が必要です。

まとめ

経営者になったら、 仕事の悩みに人間関係の悩みも含まれます。

ですので、 私は、人間関係の悩みも 相談できるコンサルタントさんのほうが 良いと思います。