合理的な判断ができているという思いは実は認知の歪み

人々はいつも合理的な判断が できていないという事を知っていますか? 実は私たちは、 ものをよく見ているようで 見えていないことが多いのです。

合理的な判断ができるわけではない

この惑星の住人は、合理的でないので、缶コーヒーが好きらしい
缶コーヒーのBOSSのセリフです。 宇宙人から見ると、 「地球人はなんて不合理なんだろう」 と思うというのが、 缶コーヒーBOSSのジョーンズさんのキャラクターです。 でも、彼は合意的だからといえども冷たいわけではないです。良い人ですよね。 私たちが、 ビジネスをやるときに、 人間が不合理であることを どういう風に考えたらいいか、 というお話をさせていただきます。 まず、ジョーンズさんが言うように、 『人々は合意的な判断をしない』ということを、 いつも頭に入れておいてください。 どういうことかと言うと、 私たち五感覚からして、 ちゃんとものを見てないと、 私はよく言います。 あなたも知っていると思いますが、 ぐるぐる回って見える絵や、 まっすぐな線なのに斜めに見える図などがあります。 あれは、錯視というものです。 これは私たちの脳が、 情報をショートカットして理解したがる という癖があるから、 こう見えるのです。

過去の経験から脳が勝手に間を埋めている

盲点というのもありますよね。 ものをジーっと見ているとき、 ある一定の位置で一瞬見えなくなる。 しかし、その時は見えてないけど、 私たちは、 見えている気になることがあります。 これは脳が勝手に間を埋めているのです。 視覚はこんなものなんです。 あとは音も、 上の方とか下のほうとか、 私たち聞こえないですよね。 味覚もそうです。 私たちは、すごく薄かったりすると 味がわかりません。 それから嗅覚。 もし犬や猫みたいな嗅覚があったら、 もう東京なんか暮らせません。 実際にそういう話です。 聴覚も何もかも、 そうやって制限があります。

自分だけは合理的は判断をしている?

私たちは、 いろんな経験とか体験でしたことを、 感情と理性で味付けして解釈を溜めますので、 ほとんど色眼鏡でものを見ています。 それを理解した上で、 いろんなビジネスをしていく ということが必要になります。 ついつい忘れることですね。 自分だけは合理的な判断をしているというのも これ自体が私たちの認知の歪みです。 私も気をつけないといけないです。 あなたも気をつけてください。

まとめ

あなたの常識は世間の非常識、 そして世間の常識はあなたの非常識。 ですので、 最初のうちはデータをゲットして、 それでビジネスをやってください。 そうしないと、 正しいと思って間違った判断をしてしまいますから、 大きくなるはずのビジネスも 大きくならないで終わってしまうかもしれませんからね。