悩みは安易に質問するよりも自分で考えることが自信と能力アップにつながる

悩むことは いけない事だと思っていませんか? 実はそれは間違いで 悩んだ方が能力がアップするという データが出ています。 本来、 悩むことは良いことなのです。 そして悩みは 自分を成長させる 大きな役割を持っているのです。

悩んでもすぐ人に聞かないこと

悩むことがいけないことのように 思っている方がいらっしゃいますが、 実は、悩んだ方のほうが能力が高くなる というデータがあります。 私はこれをあたり前のことのように 考えていたのですが、 多くの人は悩みを持ってはいけない という風に思ってしまっています。 でも本来は 悩みを持ったほうが良いのです。 しかし、 悩み方で1つだけ、 やってはいけないことがあります。 それはどんなことかというと、 すぐに他人に質問してしまうことです。 実際に悩んだときは 自分で調べたり、こうかもしれないと、 いっぱい悩むことが大切なのです。 安易に質問をすると、 実は、「自分はできない人だ」と、 自分でインプットすることになるからです。 大体の人は、 分からないと他人に聞こうとします。 ただ聞く前に、悩んでから、 こことここは分からないからと質問をしたり、 悩んで悩んで、もうどうしようもないからと、 他人に質問をするのは問題ありません。 でも、 自分で考えることをせず、 最初から他人に質問することで 「私は何も分かりません」と 自分の声で自分に言い聞かせているのと 同じ効果が出てしまいます。

悩みは自信に変わる

大切なのは、 まずは自分でちゃんと調べて、 それから質問をすることです。 今の時代、 なんでも検索ができるので、 悩みが出たらまずは いろんな方法を検索をすること。 それでも分からない場合にだけ 他人に質問をするという癖をつけましょう。 自分に自信がない人というのは、 すぐに「どうしたら良いんですか?」 と聞いてしまうのです。 しかし、 自信をつけるためには、 自分でやってうまくいったという経験が必要です。

まとめ

悩むことは 自分を成長させるうえで 大切なことです。 その悩みを、 まずは自分で考えたり ネットで検索して解決することで 知識が増え、自信をもてるようになれます。 そう考えると、 安易な質問というのは、 あまり良くないということが 分かりますよね。 まずは、自分でちゃんと悩んでくださいね。