「思考・感情・本能」のバランスを整える事で 人生を好転させ魂を輝かせる・マインドック

ホーム » 副業・起業の考え方 » AIが発達しても未来も仕事に困らない
a

AIが発達しても未来も仕事に困らない

AIが発達してなくなる仕事が発表されて、
論議を呼びました。

マーケッターもなくなる仕事の中に入っていました。

でも、私は心配していません。

なぜなら、AIの想像力には限界があるからです。

それに、心理的なことは
データでは割り切れませんからね。

コンピュータと人間の違い

AIの発達でも困らない人というのは
どんな人かというと、
想像力のある人間です。

想像力があるというのは、
やっぱり人間だけの特質です。

コンピュータというのは、
データを貯めて、
その中での組み合わせしかできません。

自動学習で思考するようになっても、
そこに制限がかかるように
設計されているはずです。

そうではないと、
人類にとって怖い結論を出しますから、
制限をかけないわけにいかないですね。

制限が、
どのような形でインプットされるかは
わかりませんが、
人間のように自由に思考するようにはなりません。

そうなると、
想像力が必要な部分は
これからも人間が担っていくのではないかと、
私は考えています。

人間の仕事はなくならない

AIによって人間の職が失われる。
そういう話がありますが、
昔だって工業化が発達して
人間の仕事がなくなると言われました。

でも、どうですか。

工業化が発達しても、
そこで人は働いていますし、
新しい仕事ができました。

ホワイトカラーが安全なのだと
皆思っていたので、
つい最近まで、みなさん、
ホワイトカラーになりたがっていたわけですが、
どうですか?

いろんな銀行で
ホワイトカラーから切られたりしていますよね。

人類の歴史を観てくれば、
仕事がなくなることはないというのは、
誰でもわかることだと思います。

ですから、
AIが発達したとしても、
私達人間がそれを使っていくということを考えると、
これからAIが発達しても仕事はなくなりません。

私は担うのは想像力のある人間だと思っています。

つまり、新しい仕事ができるだけです。

まとめ

どんな時代でも
新しい仕事というのは
どんどんどんどんできます。

あなたの仕事がなくなると言うのではなくて、
人間にしかできない仕事は
残っていくということです。

ですので、
カウンセラーとかそういう仕事も
残っていきますので
頑張ってもらいたいと思います。

RECMMEND こちらの記事も人気です