「思考・感情・本能」のバランスを整える事で 人生を好転させ魂を輝かせる・マインドック

ホーム » マーケティング » 企業の成長率を改善するポイントと成長曲線の時期と分析に必要な3つの項目
a

企業の成長率を改善するポイントと成長曲線の時期と分析に必要な3つの項目

企業の成長率を改善するには、
時流と顧客のニーズを読むことが大変重要です。

時流に乗らないと、やっぱりとっても儲けるのは大変です。
あと、お客様のニーズがないものもダメです。

ビジネスには、成長曲線というのがあります。

そういうことを考えると、
もうニーズがもう満たされるようになる前に
参入するというのがすごく大事です。

そうして、
成長率を分析するのに使うのは、
「売上」と「利益」と「現金」です。

企業の成長率を改善するポイント

今日は、企業成長率を高めるというお話をさせていただきます。

独立起業したり会社を起こすというのは、
成長していく会社とか、成長していく仕事をしたいわけですよね。

そういうのを考えた時に、
これを高めていく方法というのが
実はちゃんとありまして、
これを分析する会社なんかもちゃんとあります。

企業の成長率を改善するには、
時流と顧客のニーズを読むことが大変重要です。

時流に乗らないと、やっぱりとっても儲けるのは大変です。
あと、お客様のニーズがないものもダメです。

成長曲線からニーズを判断する

成長曲線
成長曲線の図

ビジネスには、
成長曲線というのがあります。

最初は、こう、ちょっとしかニーズがないのに、
段々段々バーと上がっていって、
その後、下に落ちてきます。

そういうことを考えると、
やっぱりニーズがあるもの、
そして、
もうニーズがもう満たされるようになる前に
参入するというのがすごく大事です。

企業成長率を分析するには

では、
この企業成長率っていうものを
分析するのに必要なのはというと、
「売上」と「利益」と「現金」
で分析します。

もっといっぱいあるのかなと思ったんですが、
なんとこの3つだけでした。

「売上」と「利益」と「現金」です。

「売上」は多いほうがいいです。
でも「利益」が少ないとダメです。
そして
「利益」があっても「現金」が少ないとダメです。

決算書は黒字でも倒産がある日本

日本の会社の決算書をあなたが見る時は、
ちょっと気をつけてくださいね。

日本には、黒字倒産っていうのがあるように、
キャッシュフローが悪いのに
黒字という風に出せるという
決算書の癖がありますから。

それどういうことかというと、
借入金とか、あとはもう塩漬けになっている資産とか、
これが全部、利益側に入るからです。

海外の決算書はこんなことはありません。
ですので、大変見やすいです。

まとめ

「売上」があっても「利益」がなきゃダメ。
「利益」が出てても、
ちゃんとお金とか、
または流動資産(すぐ「現金」に変えられるもの)を
いっぱい持ってないとダメ
というのが企業成長率を見る時のポイントです。

ということで、
この3つ、自分のことでもすぐチェックしてくださいね。

RECMMEND こちらの記事も人気です