老後2000万円不足問題は序の口・日本の労働者は守られていません

日本はすごい安全な国ですが、 日本人の労働者は守られていません。 もう、いつからこんな日本になっちゃったのか、 ちょっと考えたくなるぐらい、酷い。 老後2000万円不足問題は序の口です。 しっかり自己防衛しましょう。

日本の労働者は守られていません

収入より、支出がこの30年増えています。 これから30年後 これまでと同じように生活してあと30年経つと、 収入は2万7500円しか増えないんですが、 物価は最低でも2万5000円増えます。 そうして、社会保険料は約9万円増えます。 最後の対比は表示していません。 間接費は、もう考えたくないので書きませんでした。 もう、はっきり言って働くの嫌になるような数字ですよね。 これ、なんとか改善しないとまずい状況です。

海外の事情

日本より海外の方がよっぽどマシです。 北欧は、税金が高い分、失業してもゆりかごから墓場まで生活は保証されています。 私は、約30年ぐらい前にニュージーランドに移住して来ないかと誘われました。 その頃でも、ニュージーランドの生活保護の人の家は3LDKでした。 スイスやイギリスは、幼い頃から投資の教育をちゃんとしています。 スイスは、永世中立国でスイス銀行が世界一お金を集めるという話は聞いたことがあると思いますけど、 実は小学校の頃から、証券投資とかいろんな投資のお勉強がカリキュラムに入っております。

起業や副業や投資で自己防衛

国策として国民を守るのは政府の役目ですが、 今の日本は「おいおい。おい!」という感じじゃないですか。 ですから、そろそろ本気で起業や副業や投資の勉強をしてほしいと本気で思っております。 起業して、続く人が少ないにしろ、 自分のお金をいっぱい持ち出しにならないように 起業してみて、 もし成功したらバッチリですよね。 あと、副業というのも、 起業と同じで、やれる時間で副業をする。 そうすると一人でダブルインカムですよね。 2人いたら4つポケットができます。 それから投資の勉強もしっかりしていくと、 とっても増えますので、 みなさん、ぜひ、やってみてください。

まとめ

普通に勤めていて安泰の老後なんて、 日本にはありません。 自己防衛の手段として、 身体が動くうちに、 起業や副業で収入を増やして、 投資をして不労所得を作っておきましょう。