初心者がマーケティングの父が語ったマーケティングの概念を活かすには

マーケティングの父であるフィリップ・コトラーが 提唱しているマーケティング概念をご存知ですか? 今現在においては『マーケティング4.0』まで 考えられていますが、そこに至るまで 時代の流れとともに進化をしているのです。 しかし、日本はまだ2.0。 それを4.0までバージョンアップできたら、 あなたのビジネスがダントツで選ばれます。

時代の流れで変わるマーケティング

フィリップ・コトラーは、 ノースウエスタン大学の ケロッグ経済大学院で教授をしており、 マーケティングにおいてさまざまな著書があります。

マーケティング1.0

フィリップコトラーが 初めに提唱していたのが 『マーケティング1.0』 です。 『マーケティング1.0』では、 「作ったものをどのように販売していくか」 が最重要の目的でした。 しかし、この考え方は、 消費者志向が高まることで、 お客様が求めるものを どう作るかに変化します。

マーケティング2.0

そこで次に考えられたのが 『マーケティング2.0』 です。 これは、 お客様が欲しいと思うものを作るとか、 他の商品よりも優れたものを作ることで、 より商品価値を高めるべきとの考え方です。 ここで「他との差別化」が 戦略として考えられるようになりました。

マーケティング3.0

そして、さらに進化をしたものが 『マーケティング3.0』 です。 これは、 商品としての機能性の満足だけではなく、 精神的にも満足できる商品を目指しましょう と考えられたものです。 要するにただ便利な商品というだけでなく、 使用した時の喜びや感動という 「お客様の感情に作用でき、 お客様の期待に応える商品を作りましょう」 という考えです。 しかし、お客様は 期待したものが手に入った喜びを 超える商品を求めるようになりました。

マーケティング4.0

そこで考えられたものが 『マーケティング4.0』 です。 『マーケティング4.0』で大切なのは 「顧客の自己実現を促進したり、 支援できるようなサービスや 商品を開発すること」 と考えられています。

伝統からデジタルへ

『マーケティング4.0』を後押ししたのは、 【伝統からデジタルへ】という流れです。 この【デジタル】という部分は、 今やマーケティングにおいて 無視できない存在になりました。 なぜなら、ネット情報やSNSによって、 人の感情に作用する 感動や驚きの体験が拡散され、 顧客の自己実現を促進したり、 支援できるようなサービスや商品が 求められているからです。 昔はただ 「商品の価値のみでどう売るか」 だったものが 今の時代、 顧客の自己実現を促進したり、 支援できるようなサービスや商品が 求められるのです。

実際にどういった行動をすればいいのか?

今の時代のマーケティングは 『マーケティング4.0』まできているとお話しましたが、 実際のところ日本では、 「マーケティング4.0」まで達しているものは少なく、 ほとんど『マーケティング2.0』に留まっています。 逆を言えば、 今、あなたの商品やサービスを、 『マーケティング4.0』まで 引き上げることができたなら あなたのビジネスは大きく発展します。 では実際にどうすればいいのでしょうか? その答えは あなたの商品やサービスを、 お客様の自己実現を促進したり、 支援できる商品やサービスに グレードアップすることから始めます。 グレードアップした商品やサービスを お客様の感情まで動かす表現に変えて、 告知していきます。 そのために、 勝利の方程式の1ブロック目である 顧客・商品・自社(自分)を分析して、 あなたの商品やサービスの 真の強みを見つけることから始める必要があります。 それにより、 今まで『マーケティング2.0』だったものを 『マーケティング4.0』にまで 引き上げることができるのです。

まとめ

まずは私にあなたの商品やサービスを見せてください。 それが『マーケティング4.0』 に引き上げるための近道です。 私と一緒に『お客様の感動』を掴みましょう!