強みを見つける・ビジネスに大切なのは科学と同じように『客観視できるかどうか』

イギリスの経済学者であり、厚生経済学の確立者である アーサー・セシル・ピグー博士はこう言っています。
経済学は光を求め、果実を求める科学である
あなたのビジネスの強みは明確ですか? 商品やサービスは素晴らしいかもしれない。 しかしその商品やサービスは 表現を一歩違えるだけで 最高傑作にも駄作にもなるのです。 そのため、 ビジネスに大切なのは 科学と同じように 『客観視できるかどうか』 だと私は考えています。

ビジネスに大切なのは『客観視できるかどうか』

あなたのビジネスの強みは明確ですか? あなたは本当に 自分のビジネスの強みが分かっていますか? もちろん自分では 「これを売りにしよう」とか、 「これに優れた商品だ」などは 起業するうえで最低限考えていますよね? しかし、その強みは、 お客様のニーズにマッチしていますか? ウォンツを刺激していますか? 商品やサービスは素晴らしいかもしれない。 しかしその商品やサービスは 表現を一歩間違えるだけで 最高傑作にも駄作にもなるのです。 そのため、 ビジネスに大切なのは 『客観視できるかどうか』 だと私は考えています。 自分ではこれが強みと思っていても、 「お客様はその強み以外のところに惹かれていた」 なんてことは良くあることです。 もし、それに気づかなければ そのビジネスは決してうまくいきません。

私は約20年一人でビジネスを継続させています

今の時代、起業してから5年で 80%もの会社が消えていきます。 あなたは成功者の20%になれますか? それとも80%の消えていく方ですか? 成功者の20%は、 必ず強みを明確にできています。 その20%のビジネスは マインドックの勝利の方程式のような考え方ができているでしょう。 逆を言えば、勝利の方程式を知れば 5年後に残る20%に入れます。 実際、私は約20年、 一人でビジネスを継続させています。

まとめ

イギリスの経済学者であり、厚生経済学の確立者である アーサー・セシル・ピグー博士はこう言っています。
経済学は光を求め、果実を求める科学である
あなたは自分のビジネスのために きちんと科学を求めていますか?