副業するなら何が良い? 副業の現状と副業選びの基準

副業を始めるなら、何が良い? 副業をしている人が選んでいる仕事の種類で言うと・株、FX、仮想通貨・不動産・投資信託・代行業・覆面調査・クラウドソーシング・せどり(転売)・アフィリエイト・写真販売など、さまざまなものがあります。 まずは選ぶ基準として、あなたの得意分野を活かせる副業を選んでみましょう。 次に、いつまでにいくら稼ぎたいのかと、自分が使える費用と時間を考えてみましょう。

副業を推奨する世の中

最近、世の中では 副業することを推奨する風潮があり、 副業を始める方が増えています。 NPO法人によって平成29年に行われた 「大企業勤務者の副業に関する意識調査」 によると実際に副業をしている方は 16.7%も存在します。 さらに1年以内に副業を始めたいと 思っている方に関しては、 41.7%も存在しています。 副業をしたいと思っている理由としては、 株式会社ビズリーチが2017年1月に発表した 副業に関するアンケートの結果によると ・収入を得たい 70% ・スキルアップしたい、稼ぐ力をつけたい 43% となっています。 実際の収入としても、 24%もの層が「5~9万台」を稼いでおり 全体の平均としては、1ヶ月平均収入6.8万円です。 副業の仕事の種類で言うと ・株、FX、仮想通貨 ・不動産 ・投資信託 ・代行業 ・覆面調査 ・クラウドソーシング ・せどり(転売) ・アフィリエイト ・写真販売 など、さまざまなものがあります。

副業選びの基準

それぞれメリットデメリットがあり、 手軽に始められるものから、 時間がかかるもの。 あまり稼げないものから、 高収入のものまで さまざまなものがあります。 まずは選ぶ基準として、 あなたの得意分野を活かせる 副業を選んでみましょう。 副業で精神的に疲れ切ってしまっては、 本末転倒ですから、 あなたが好きで得意な分野であることは重要です。 次に、 いつまでにいくら稼ぎたいのかと、 自分が使える費用と時間を考えてみましょう。 そうやって、 業種や業務形態などを考えて じっくり選ぶことが大切です。 もし選ぶ段階で悩むようでしたら、 相談してくださいね。

マーケティングが必要な副業もあります

さらに、実際に副業を始めるにあたって、 仕事によってはマーケティングが必要になります。 例えば ・集客をしなければいけない ・見たときに興味を持ってもらわなければいけない ・見たうえで行動を起こさせなければならない など、 こういったことが必要な副業は、 マーケティングができないと稼げません。 つまり、副業に何を選ぶかというのは、 実はとても大切で、 ここを間違うと ・副業を始めて貯金がなくなっただけ ・副業を始めて本業に支障が出る ・副業を始めて精神的に余裕がなくなる など大変なことになります。 ですので、 副業を選ぶ時点から、 戦略が必要になります。 ・自分のキャラクターと副業が合っているのか? ・自分の生活形態と副業が合っているのか? ・欲しい収入と副業が合っているのか? などなど、 考えなければいけないことはたくさんあります。 それらを考えたうえで副業を選びましょう。