ケンタッキーフライドチキンの復活劇にみるブランドチェンジ

上手くいっているときほど

あなたのビジネスが成功していたとしても、 油断しているといつの間にか、 成功の道から反れていることがります。

昔から 「ビジネスが上手くいっているときほど 危機管理をしっかりすべき」 と言われています。

成功することで、 昔は見えていたことも 見えなくなってしまっていることがあります。

客数の伸び悩みと復活

あなたは、 ケンタッキー・フライド・チキンはご存知ですよね?

ケンタッキー・フライド・チキンは、 クリスマスや、お祝い事にはケンタッキーと 言われるくらい 浸透し日本中に展開している会社です。

しかし、 そのケンタッキーも、 2017年10月以降は、 9カ月連続で前年割れをしたのです。

その原因として大きかったのは 客数の伸び悩みでした。

クリスマスやお祝い事はケンタッキー と思わせるブランディングが成功した反面で、 日常で食べるものではないという 認識になってしまっていたのです。

そのケンタッキーが、 2018年7月から一転し 売上を上げることに成功しました。

2019年2月には 対前年比の売上高114.7%、 客数が116.7%にまで伸びたのです。

特別な日から日常へ

ではどうやって 売上を伸ばすことに成功したのか?

それは今まで クリスマスやお祝いにはケンタッキー と思わせるブランディングから、 日常にもケンタッキー と思わせるような 『バリュープロモーション』の戦略でした。

それにより、 特別感のあるケンタッキーから、 日常的にケンタッキー と思わせることに成功し、 客数を伸ばし売上高を上げることができたのです。

最初のブランディングである 『特別な日にはケンタッキー』が 上手くいったところまでは良かったのですが、 そのイメージがつきすぎてしまったが故に、 お客様離れを引き起こしたのを、 日常へと大きく舵を切ったことが、 成功の秘訣です。

まとめ

ブランディングの方向性はあっていますか?

どんなビジネスでも、 成功体験は進化の邪魔をします。

まずは成功することが大切です。

しかし、成功した後にこそ、 きちんとした分析・戦略が必要なのです。

あなたは、自分のビジネスを客観的に見られていますか?