中小企業・冬の時代

今は冬の時代

中小企業にとっては厳しい時代が続いています。

日本全体において 中小企業のトータル数は 減少の一途をたどっています。

経済産業省の中小企業白書(2017年度版)で 紹介されているデータでは、 2009年から2014年にかけて 39万物社も減少しています。

そしてその間の開業の内訳は以下の通りです。 小規模/54.6万社、中規模/11.1万社、大企業/0.1万社 トータル+66万社

そして廃業の内訳は以下の通りです。 小規模/102.7万社、中規模/9.9万社、大企業/0.1万社 トータル-113万社

これを見てわかる通り、 起業しているのも中小企業ですが 倒産しているのも 中小企業が圧倒的に多いのです。

そして、 その倒産の原因で圧倒的に多いのが 販売不振で68%にものぼります。

徐々に?急激に?

これはシンプルに売上が伸びず、 収益が減少してしまっているということです。

そして、その収益の減少は2パターンあり ・徐々に減少していくケース ・急激に減少していくケース があります。

徐々に減少していくケースでは、 売上高の減少原因を早期に認識し、 打開策を打つ必要があります。

また、急激に減少していくケースでは、 抜本的に事業を見直し、 早急に経営の判断をしなければなりません。

あなたのビジネスの売上高は増加していますか?

減少しているなら早急に手を打ちましょう。 平行線をたどっている場合でも、 早いうちから手を打っておかないと、 気づいた時には 修復不可能になってしまうかもしれません。

あなたが「自分は大丈夫」と過信せず、 常に危機感を持って仕事をし、 勝利の方程式を身につけたならば、 あなたのビジネスは上昇気流に乗れるでしょう。

まとめ

まずはあなたが、 あなたのビジネスをきちんと知ることから始めましょうね。