人材不足の解消はマーケティング

過去最高の人材不足

あなたの会社は、求人で苦労していませんか?   帝国データバンクの人手不足に対する 企業の動向調査によると、 正社員不足は50.3%で 4月としては過去最高を記録しました。 (2019年4月)   また、正社員・非正社員ともに 上位10業種中8業種で 前年を上回る結果となりました。    情報サービス分野では、 ズバ抜けた74.4%もの数字が出ており、 深刻な人材不足に悩まされています。

求人広告の中身は前時代のまま

これらはすべて時代のせいでも人のせいでもありません。 答えは簡単です。   本当に働きたいと思える魅力と環境が備わっていれば、 自ずと人はそこに集まってきます。   もちろん就業の際に 「ボーナスがない」 「みなし残業である」など、 都合の悪いことを隠して採用しても意味がありません。   現在は、どこかでバレる時代です。 また、それは遅かれ早かれ離職という結果を招きます。   大事なことは、 いかに魅力があり やりがいのある仕事であるのかを 伝えることに限ります。  

まとめ

ホームページやSNSなどと求人広告も同じです。 どのようにアピールすれば良いかは、相手の気持ちになるしかありません。   全ての条件は満たせないのが、小さな企業の悩みですが、 制約条件はいつでも何にでもあります。   制約条件の中で、 いかに魅力的な企業として求職者にアピールするか?  そこを考えてくださいね。