ありがちな失敗例

防げる失敗をしないために

今日は、 起業後に失敗する方に ありがちな失敗例を 3つご紹介します。

お金をかけすぎ

1つ目は 「お金をかけすぎ」 です。

大半の人は、 一等地に店舗や事務所を構えたり 内外装に費用をかけたりします。

しかし、 立地条件が良ければ 高額な家賃が発生しますし、 内外装にかけた借金も 回収しなくてはなりません。

すると、 どれだけ売上を上げたとしても それが 家賃や借金返済へと回ってしまい、 売上はあるものの利益は残りません。

10年後まで生き残れる企業は、 6%と言われることが多いですが、 重要なことは、 長く楽に稼げる堅実なプランです。

流行に固執する

2つ目は 「流行に固執する」 です。

これまでにない 新しいアイデアが生まれると 誰しも興味を示し脚光を浴びます。

しかし、 流行りも長くは続きません。

お笑い芸人やダイエット食品は、 ブレイクすると勢いよく売れていき、 その勢いが失速するのも また早いものです。

時代が変わればニーズも変化します。 隙間産業は、 一発逆転の爆発力がありますが、 継続性はありません。

長くビジネスを続けたいのであれば、 流行りものは、 避けたほうが良いでしょう。

むやみに事業拡大する

3つ目は 「むやみに事業拡大する」 です。

一昔前までは、 従業員数や店舗数を拡大させる ことはひとつのステータスでした。

しかし、 利益は大きくなりますが、 失敗したときの損失も大きくなります。

勢いのあるときは、 冷静な判断がつきにくいものです。 身の丈にあったビジネスモデルが 大切です。

まとめ

慎重に大胆に動く。 ビジネスの醍醐味は、そこです。

行け行けどんどんは、気を付けましょうね。