誰にだってチャンスはある

時代の先を見通す

自分で行動し、生み出していかないと埋もれてしまう時代になりました。 私は長く生きているので、社会の変革が起きるのを見てきました。 だから、常に新しい流れが生まれる瞬間を見つけるようにしています。 私が20代の時の花形産業は、家電メーカーや商社でした。 30代の時はコンピューター産業でした。 40代は通信メーカー。 50代はSNSやWEB関係。 SNSはものすごいでスピードで普及しています。 でも、InstagramやFacebookなどの媒体がいつまで主要なポジションを維持し続けるかもわからないです。

学歴、年齢、性別、人種の垣根がなくなりつつある

プログラミング技術の発達で「学歴、年齢、性別、人種」の垣根がなくなりつつあります。 だからこそ、時代に適応するために、自分から動かないと取り残される社会になっています。 私は今現在、実はその流れを読んで少し先回りして動いています。 常に時代に「適応」していかなければ未来はなかなか明るいものにならないからです。 冷静に考えていけば、「現状維持」という選択が、負の連鎖を巻き起こす大きな「トリガー(引き金)になってしまう事」は、よっぽど馬鹿じゃない限り誰もが理解できる時代となりました。

まとめ

「学歴、年齢、性別、人種」の垣根がなくなりつつあるということは、どんな人でもチャンスがある時代になったとも言えます。 そんな誰にでもチャンスがある時代にチャンスをつかんでみませんか?