女性にプレゼントを贈った後の対応はどうすれば良いのか? 「これ」が一番大切なこと

プレゼントを贈る男性

【動画】女性にプレゼントを贈った後に感謝されない男性へ

あなたは余計なセリフを話していませんか?

女性にプレゼントを贈ったあとに言っちゃいけないことを言って失敗する男性すごく多いです。

私ね、年末とか奥様の誕生日に「花贈っといてください」とよくクライアントさんに言います。

だいたい今まで結婚生活長くなると、食事に一緒に行くことはあってもプレゼントなんかしてないわけですよ。

そこで、プレゼントとかすると奥さんから「え、なんでこれ買ったの」と絶対言われます。
花を買って贈ったら、「なんでこの花なの」と絶対言われます。

そこでですね、だいたいの男性なんか言っちゃうんですよ。

物を贈っておけば良いわけではありません

プレゼントボックスだいたい男性って言うのは感情表現が下手なわけですから、そういうときはただ一言「いや、感謝の気持ち」と言っておけば良いのです。
長く放っておいた奥様からは「何か裏があるんじゃないの」と言われますが、「それはない」「とにかく感謝してるから」の一点張りで対応しておいてください。
これでいいです。

なんでこんなこと言うかっていうとですね、感情表現が下手で、物やっとけばいいだろうという人が時々いるんですね。
これも実は女の人はあんまり喜んでないんですよ。

女性は物が欲しいんじゃないんです。心遣いが欲しいんです。
だから、口で上手いこと言わなくていいです。

下手な説明は苛立たせるだけ

まして、下手に説明なんかされるとイラっとするんですよ。

だから、そうじゃなくて
「いつもありがとう、感謝の気持ちです」
「何か裏があるんじゃないか」
「感謝の気持ち」「説明できないから(物贈っています)」と言ってください。

もしあれだったら、
「喜ぶかなと思って」とか、
「この花が君に似てるから」とか、
そういうクサい台詞が言える人は言ってください。

でも、そうじゃない人は、もうとにかく
「感謝してるから」「いつも、ありがとう」
これで結構です。

下手な説明をすると言い訳と取られますから、説明はしない方が身のためです。

100万円のバックより500円のボールペン

プレゼント用のペン「鈴木さん、普段はお土産に見向きもしない妻が先日渡した500円のボールペンは使うんですよ」

ある日、海外を飛び回っている社長から愚痴を聞かされました。

この社長は海外出張が多く、海外に行くたびに現地でバックやらアクセサリーやら高額なお土産を奥様のために買いこんできます。
ところが毎回奥様は見向きもしない。
それなのに、ある時忙しすぎて買い物ができなかったからと空港であわてて購入したボールペンを渡したら、そのボールペンだけは嬉々として使っているらしく、社長には「ワケがわからない」から不満らしいのです。

しかも、このボールペン、高級品だと思って購入したのにフェイクのコピー商品だったようで「あわててなかったら返品していたのに・・・」と社長は悔しがっていました。

つまり、社長の論点は「普段高額なお土産は無視するのに、コピー商品は大事に知るのか」とお怒りなんですね。

そこで、私は聞きました。
「社長、なんと言って奥様にボールペンを渡しました?」と。
そうしたら
「忙しくてお土産を買う時間がなかったので、これしか買えなかった」
と言ったそうです。

これ、これです!!

普段のお土産は奥様には物でしかなかったです。
社長の意図は違っていたかもしれませんが、それは伝わっていなかったのです。
しかし、500円のボールペンには「どんな時でもお前のことを考えている」というメッセージを感じたのです。
だから嬉々として使っていたのです。

女性は、自分という存在のために精一杯努力してくれたと思うと相手に感謝します。

女性が男性から奢って欲しいと思うのも、そのためです。

まとめ

「あなたの笑顔が僕の喜び」とクサいセリフが言える人は言いましょう。
言えない人は何を言われても「ありがとう」で済ませましょう。

女性は照れたような表情にグッときます(個人の趣味だけかも)
感謝の強要になるぐらいなら黙ったほうが喜ばれます。


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須