最速で独立起業を上手く行かせる行動 必要なのは・・・

離陸する飛行機

独立起業は離陸と同じ(動画)

独立起業しても数年で消える多数の人々

独立起業しても数年で消えていく人はすごく多いです。

私的な意見では3年後に残っている人は30%未満です。
1年で消える人も約50%います。

では、なぜ数年で消えてしまうのかと言うと、
0から1を作るというのが非常に難しいせいです。

多くの人が経営をしたことがなく、
自分一人でお金を稼いだ経験もない状態で起業します。

本やネットに情報はありますが、
現実に起業してみるとわからないことがたくさん出てきます。

多くの場合、独立後は一人ですから、
わからないことを調べるのも自分です。
必要な文具を発注するのも自分です。

つまり、無から有を創っていくのが独立起業ですから、そこが難しいのです。

飛行機も飛んでしまえばエネルギ―は少しで済む

推進する飛行機

飛行機が離陸する時は
一番エネルギーを使います。
でも飛んでしまえば、推進力と気流の流れでエネルギーは少しで済みます。

飛行機は飛んでいる時は浮いてるわけです。
しかし、機体は巨大で金属です。
そのままでは浮かないので、
離陸時に一番エネルギーを使って機体を浮かせます。

機体が浮いて気流に乗れば、楽になっていくわけです。

でもゼロイチというのはすごい大変です。

新規集客はリピート集客の最低5倍の資金がいる

新規集客は既存客に売るのの最低5倍はお金がかかるというふうに昔から言われています。

集客の中の「新規集客」は一番お金も手間もかかります。

無から有を創るのですから当然です。

ですからゼロイチがうまく行かない人がすごく多いです。

職場を探す

 

しかも、面白いことに、0から1を作る能力と1のものを10にする、10のものを100にするという能力は違います。

独立起業する人が会社勤務の時に売上を数倍にしたから、
自分にもできると思って独立した場合、
その人は1を10にする能力にたけているケースが多いです。

こういった方は副業として起業して、
0から1が上手く行ったら独立することをお勧めします。

また、独立する時は、
既に独立起業している相談相手をみつけて、
その相手から指導を受けることをお勧めします。

0から1を作るのは
お金を使うのか、時間を使うのか
それとも誰からから習うか。

そうしないと数年で消えていく人になるしかありません。

売上アップは倍々ゲーム

売上アップの行動計画表

0からの独立起業では、
0円から30万円行くところで一個目の壁です。
月30ですから年間大体300万が1つ目の目標と考えてください。

次、年1000万円、
そして1000万円の次は3000万円。

3000万円の次は1億、
1億の次が3億から5億となり、
3億円から5億円の次が10億円。

そして、10億円の次が50億円から100億円というのが一般的な拡大です。

何か「何の倍倍ゲームですか」と言う感じじゃないですか。

独立後も、300万円から1000万円は、たったの3倍で700万円しか増えてないのに、
10億円から100億円だったら、10倍になった上に90億円も売上が増えるのですから、
いかに0から1を作るのが大変かわかりますよね。

それぐらい実は0から月30万円で一回目の山が来ます。
年1000万円と言うのはその次ですね。

まとめ

ですから、独立しても稼げなくて辞めてしまう人や、
300万円から400万円しか稼げないという人がいっぱいいらっしゃるわけです。

皆さん、独立するなら相談者を見つけてくださいね。
そうして、独立したら軌道に乗るまで頑張ってお仕事してくださいね。


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須