女性は主観性が強い・男性は客観性が強い。なのに、お客様を惹きつけないキャッチコピーを作っていませんか

鉛筆をかむ女性

お客様を惹きつけないキャッチコピーを作っていませんか?(動画)

※動画よりブログは詳しく書いています。

一番上か最初の大きな文字がキャッチコピー

キャッチコピーというのは、チラシとかホームページとか作る時、一番上にくるのが『キャッチコピー』と言われています。

一番上の文字が小さい時は、最初の大きな文字が『キャッチコピー』です。

そして、その下が『サブキャッチコピー』。

その下に『本文』。または『ブレッド』と言われているようなお客様がお困りのこととか、手に入るものを箇条書きで並べたものが入ります。

キャッチコピーの役割はたった1つ

キャッチコピーに関しては、役割はたった一つです。

何かというと、キャッチコピーは、
「お客様を惹きつけて、そして、サブキャッチコピーを読ませるため」のものです。
 
そして、サブキャッチコピーは、キャッチコピーとサブキャッチコピーでお客様に「本文読まなきゃ」と思わせるのが役割です。

見た瞬間、私のこと!と思わせましょう

蜜に群がるハチドリスタンド

ですので、キャッチコピーはまず、その人にサブキャッチコピーを読ませるためですから、
見た瞬間、

・私のこと
・このことが知りたい

と思わせるようなキャッチコピーを作らないといけません。
 
これをうまくやれれば、

「その下にいく(読む)」

というのがあります。 
 
ですから、コピーライティングでも、

「キャッチコピーをいかに作るかということが、すごく重要」

というふうに言われています。

女性客をふりむかせるには

そうすると、女性というのは特に、サブキャッチコピーまでが、

「私のことを言ってますよね」

とはっきりわからないと先は読まないという癖があります。 

“おおせの通り”「どんぴしゃ!?」
とか、
「え?私のこと呼びましたよね」
と思わせないと、女性は絶対(先を)読みません。

女性が現実的な理由

遠くを眺める女性の後ろ姿

男性も同じかもしれませんが、女性は、より自分のことと思わないと「関係ないよね」と言って読まない癖があります。

巷で「女性のほうが現実的」と言われます。
これは、女性のほうが直接自分に関わることに敏感であり、主観的に物事を見る傾向があるためです。

男性は自己重要感を求める傾向は強いですが、これは主観的だからではなく客観的だからこそ、自分のポジションがどの辺なのかを気にするからです。

自分の直接関わらないことに興味を示すのも、自分のポジションを気にするからです。

その点、女性は自分のポジションをあまり気にしません。

自分が快適であることや自分の好き嫌いを重視できるのも、ポジションを気にしないからです。

女性がポジションを気にするのはパーソナルな関係のみだったりします。

男性が会社や家庭で、上下関係を無視したりする女性を扱いにくく感じるのも、多くは女性の主観性のなせる業です(笑)。

女性向けのキャッチコピーは、男性向けキャッチコピー以上に顧客リサーチを徹底させないと、反応のとれるキャッチコピーが作れません。私がクライアントの顧客属性の決め方を「なまぬるい!」と感じるのも、そのためです。

まとめ

女性向けのキャッチコピーは顧客にドンピシャでないと、反応率が悪くなりますから気を付けましょうね。
 
それでは、皆さん、うまく作ってくださいね。


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須