事業が安定するにはリピート商品販売が重要。高額商品を売っている人が早急に作らなければいけない商品はリピート商品

100倍の努力はできないから

集客人数×販売単価×販売回数

これが売上の公式です。

集客人数10人×販売単価1万円×販売回数1回=10万円

集客人数10人×販売単価100万円×販売回数1回=1000万円

集客人数を10人集めるのに、販売単価100万円の会社が、販売単価1万円の会社の100倍努力しているかというと、そんなことはありません。

でも、売上は100倍違います。

売上10万円では、生活費にもなりませんから、1000万円の売上を上げた人と10万円の売上を上げた人では、実際の生活は、だいぶ違うのですが、努力の量は、生活の差の20分の1以下です。

だから、皆さん、高額商品を売りましょうね。

1万円商品売って勝つ方法

さて、もう気づいた方もいらっしゃると思いますが、売上は掛け算なので、1万円の商品を売っている人が、100万円の商品を売っている人に勝つことが可能です。

例えば、

集客人数10人×販売単価1万円×販売回数100回=1000万円です。

集客人数50人×販売単価1万円×販売回数100回=5000万円になります。

集客人数100人×販売単価1万円×販売回数100回=10000万円。

こうなったら、圧勝ですね。

つまり、リピート率が高いと、売上は大きくなります。

 

 

リピート商品に力を入れましょう

100万円の商品売ってリピート客を増やせるとイメージできるのは、自動車販売やリフォームなど高額の中でも高額な商品ぐらいです。

普通に考えると、
集客人数10人×販売単価100万円×販売回数回=1000万円
を、
集客人数10人×販売単価100万円×販売回数5回=5000万円
ぐらいが上限になるかもしれません。

でも、トヨタは自動車での売上より、自動車ローンで稼いでいます。
自動車でもリピートさせるのは容易でないようです。

そのためか、ネットワークビジネスは、サプリメントなど消耗品販売を推し進めます。
浄水器も、本体で儲けるというより、カートリッジが富の源泉です。

時間を味方につけて会社を大きくしよう

高額商品を販売している会社は、資金が潤沢なうちにリピート商品の開発に力を入れましょう。

高額商品を販売している会社は、大きなお金が動くので、小さな金額のリピート商品を軽視する傾向がありますが、高額商品を販売している会社が、狩猟型ビジネスに疲れ切っても、リピート重視の農耕型ビジネスをしている会社は、時間がたつほど、どんどん元気になります。

リピート商品には、定額課金も入ります。

新規のビジネスモデルを作る時、集客して販売した後にリピート商品があると、事業が早期に安定します。

高額商品を売っていても、リピート商品は、絶対に必要です。
まだ、リピート商品がない会社は、ぜひリピート商品を作りましょう。

まとめ

集客人数×販売単価×販売回数が売上の公式。
リピート商品も視野に入れて、ビジネスモデルを考えましょうね。

 


【無料】『女性客・集客』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須