出版されやすい本にみるマーケット規模と価格の関係

本を出版して見えてきたことがあります。

それは、本のマーケットがどのくらいあるかが、
出版できるか出来ないかの分かれ目になるという事です。

私は、本を出版するのに大変苦労しました。

企画書の段階で、編集部がOKを出しても営業部がNOを出すことの繰り返しでした。

なぜなら、ターゲットがニッチだからです。

 

ニッチのほうが反応率は良いけど

集客やセールスの現場ではニッチなほうが反応率が良いです。
だから、「ニッチ市場を目指せ」とコンサルタントは言います。

しかし、本をニッチ市場で出すということは、
専門書を出すことになります。

専門書のマーケットは小さいです。
だから、専門書は高額になります。
高額にしないと出版社がつぶれます(苦笑)。

 


高額でない本を専門分野やニッチ市場で出すとなると、自費出版になります。

私が受けた自費出版のオファーは、一番安くて120万円、一番高くて800万円でした。
この費用は、執筆して本の体裁が整うまでの価格です。
プロモーションや販促費用は入っていません。

120万円で本を出して、自分で買い取りして配ると、
1000冊買取で本人買取が80%価格、印税が10%だとしても、
120万円+(@1500×1000冊×0.8ー@1500×1000冊×0.1)=225万円が消費税抜きにしてもかかります。

今は、買取も90%のことがありますし、初版の印税が0%のこともあります
120万円+(@1500×1000冊×0.9ー@1500×1000冊×0)=255万円はかかります。

この出費を販促費・広告費として考えられるのは、
超高額商品を扱っている会社だけでしょうね。

まして、800万円かけて本だけ出すのは対費用効果的に考えられませんでした。
ですから、私は商業出版が通るまで粘りましたので大変だったのです。

出版社も利益を求めて事業をしているのですから、儲からない本は出したくないですよね。

ビジネス書は出したい人が多いのに、マーケットが小さいので、
出版社と私の利害が一致する点を見つけるのって、ホント大変でした。

本に限らず、マーケットが大きい場合(購入者数が多い場合)の商品価格は安く、
マーケットが小さい場合は、商品価格は高くなります。

まぁ、高くしないと事業が成り立たないからですが。

なので、これから出版を狙っている方は、
自分の出す本のマーケットがどのくらいかをちゃんと調べましょうね。

 

出版されやすい本とは

本で観ていくと、
飲食店やカイロ、整体、マッサージ、エステ関係の本は出版されやすく、
飲食店の経営の話より、接客の話のほうが出版されやすくなります。
popの書き方やチラシの作成法、キャッチコピーの書き方のほうが、より出版されやすく、
セールスの本は集客の本より出版されやすいです。
集客なら、Facebook広告やインスタグラム広告など、その時の流行の媒体についての本が出版しやすくなります。
心構えの本は、よりマーケットが大きくなるので出版されやすく、
猫や犬の写真本や娯楽性の高い本なら、よりマーケットが大きくなるので企画が通りやすいでしょう。

 

小説は10万部からしかベストセラーと呼ばれませんが、
ビジネス本は3万部超えたらベストセラーです。

売り手が多くて買い手が少ないと、商品価格は下がります。
売り手が少なくて買い手が多いと、商品価格は上がります。

これは、流行商品と定番商品。どちらが有利?で話した事業の成長曲線に関係する部分もあります。

今回の話は、
その需要と供給の関係と一緒に考えるべき、
マーケットの規模についてです。

売り手の数に関係なく、
買い手が少ないと商品価格は高額にせざるおえません。
買い手が多ければ商品価格が安くても事業が回せます。

だから、競合の数と参入時期とマーケットの大小のバランスを見てくださいね。

でも、集客の手間を考えると、
私は高額商品しかおススメしませんけどね。

 

まとめ

売り手の数に関係なく、
買い手が少ないと商品価格は高額にせざるおえません。
買い手が多ければ商品価格が安くても事業が回せます。

だから、競合の数と参入時期とマーケットの大小のバランスを見てくださいね。

 

 

 


【無料】『女性感情マーケティング』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須