マーケットを制するキーワードとは

住宅産業には「追客」という単語があります。

この追客という単語、普通に居酒屋で話したら。 誰も反応してくれません。

このように、自分が日常的に使っていると、 業界用語だということを忘れて 一般にも通じると勘違いしてしまいます。

話についていけない

%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%82%b1%e5%85%a5%e5%a0%b4

私の息子と甥っ子は、 コミケ大好きなオタクです。 彼らの話を聞いていると、わからない単語だらけです。

さて、事業に置きかえて考えた時、 一般に通じない言葉をキーワードにすると ターゲットが狭くなるので、 いけないことのように思えます。

しかし、 このある特定の人にしか伝わらない単語こそが、 マーケットで集客できるキーワードです!

説明不要・素早い信頼構築・高い参入障壁

この単語をキーワードにしたら、 合致するマーケットの顧客層に対しては

・多くを説明する必要がない ・短時間で信頼を得られる ・購買単価が高くなる ・参入障壁が勝手にできる

という良さがあります。

甥っ子は、プリキュアの版権を購入して バッジやTシャツを販売していたことがありますが、

「売れるからって (僕たちの)用語が使えない人が参入して来るけど  そんな人が販売しても売れないんだよね」

と言っていました。

%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89

インターネットの検索も同じです。 お客様をよく知り、同じ立場に立たなければ 商品を買ってもらえません。

お客様の好み・お客様の考えの中にこそ キーワードがあるのです。

まとめ

あなたの教えたい単語・使いたい単語ではなく お客様が使っている単語を使うこと。 それが真のキーワードです。

PS.:「共洗い」という単語があります。 この単語は、ある業界の人と高齢者が反応します。 さて、意味は何でしょうか?