何もウリがない温泉が市販の物で集客成功

小さな町の小さな温泉施設が大人気

新潟市に、「花の湯館」という日帰り温泉の施設があります。

正式名称は、新潟市小須戸温泉健康センター 花の湯館。 旧小須戸町の町営施設としてオープンして約20年になる小さな温泉です。

足を運ぶ理由を創り出すイベント

私が花の湯館の存在を知ったのは、Facebookつながりの友人F君が真夏の屋根の上のガテンな作業に疲れたので、たまたま現場から一番近い温泉に行ったことから。

ホームページを見ても一流の温泉旅館のように豪華な雰囲気はゼロ。 館内の設備にも、取り立ててすごいところはありません。

でも! ホームページを見ているうちに 無性に行きたくなってくる!

そう思わせるぐらい イベントの作り方が上手いです。

毎回イベントが素晴らしい

毎週日曜日の恒例イベントは『アヒル風呂』

人気テレビ『鉄腕ダッシュ』でも活躍していたアヒル隊長が、てんこ盛りで湯船にプカプカ浮かびます。

PAK88_inperiarukurosu_TP_V 6156ed_5304b4dbf1b54ef48289ae2c63e57380

う! 行きたい! 絵からして最高です!

他にも……

おもちゃの小判が湯船いっぱいに浮かんだ『小判風呂』

大金持ちな気分になれそう(笑)

6156ed_2e448b3ad648415ba312261b8da30179

海の日には、 海の生き物のおもちゃが浮かぶ『水族館風呂』

小さい子どもたちが大喜びしそうです。 6156ed_90b4a55cadad4af1867252ecfae31c39

母の日には『お母さんありがとう風呂』

子どもたちからお母さんへのメッセージを書いた入浴木を浮かべた『お母さんありがとう風呂』。 6156ed_d0ce15ac3da747f6a80de47dad2a86f4 子どもがメッセージを書く時、親子で。 それを浮かべる日に、父母だけでなく 近くに住んでいるなら祖父母も動員できる 1粒で何度も美味しい巧みな仕掛けのイベントです。

気になっていたシャンプーが試せる『シャンプーバー』 こちらも、ついつい足を運びたくなりますね。

お客様の笑顔を生む創意工夫

これらのイベント、いずれも あんまりお金が掛かってないところにも感心させられます。

繰り返し使えるおもちゃや 市販のシャンプーを準備するだけ。

まさにアイデアの勝利です。

この花の湯館、現在は町立ではなく指定管理者によって運営されているのですが、 ホームページの片隅にその管理者からのメッセージがありました。

古く小さな温泉ですが、弱みを強みに変え、 この花の湯館だからこそ出来るおもてなしを日々考え、 さまざまな年代と感性と価値観を融合させた自由な発想で、 皆様の心も身体も時さえも温めていくと誓います。

お客様の、心と身体と時間を温める。 このマインドが、ああいったイベントの源泉なんですね。

花の湯館(新潟市小須戸温泉健康センター)

ついつい行きたくなる気持ちがわかります。

まとめ

お客様が笑顔になる物を大量に集めれば集客ツールになって集客が上手くいく。 要は顧客目線の創意工夫ですね。