対象者によって違うプロフィールの書き方

今日はプロフィールの書き方という話題です。

個人客相手の会社の場合、
社長のプロフィールは大変重要です。


先日、ある太陽光パネルを販売しているA社に呼ばれました。
そうしてホームページの相談を受けました。

A社は、実績もあり良心的な販売をしている優秀な会社です。
個人向けにわかりやすい説明がなされていて、
「さすが地域で選ばれるだけあるなぁ」
とホームページを観て思いました。

しかし、社長のプロフィールが
どう見ても大企業相手のプロフィールなのです。

どんなプロフィールがか知りたい人は
大同特殊鋼や安川電気などの名前を検索して代表メッセージを観てください。

会社から会社に売り込んでいる場合は
社長のプロフィール等は簡単でも何の問題もございません。

ところがこれが個人に商品やサービスを売ると言うことになると
社長のプロフィールの重要性は見逃せないほど大きくなります。

まして中小企業で地域密着の商売をしていたら、
プロフィールを上手く使わないと集客に影響します。

それなのに、A社の社長プロフィールの文章が固すぎるのです。

一般庶民向けで女性が観るということを意識しましょう

たしかに太陽光発電は高額な買い物です。
しかしお客様は一般庶民です。
しかも住宅関係ですから女性が観ます。

ですので、
資料請求や相談に来ていただくために
社長のプロフィールには
お客様が

・この会社の社長なら付き合いたい
・この会社の社長の考え方が好き
・この会社の社長に会ってみたい
・この会社の社長さんなら安心できる

と思ってもらうためのものが必要です。

年代順に出身校または前職の勤務先などを書くのが
悪いと言うわけではありませんが、
それよりは共感を持ってもらえる内容を書く方が数倍集客できます。

ホームページの社長プロフィールで、
・この会社の社長なら付き合いたい
・この会社の社長の考え方が好き
・この会社の社長に会ってみたい
・この会社の社長さんなら安心できる
と思わせないと、
いくらブログなどで情報発信しても無駄になるのです。

 

一般客が共感できないと・・・なんです

さて、共感されることが重要というアドバイスをして
釣りが趣味だと言うA社の社長さんに
「釣りの話をプロフィールに書いてください」
とお願いして帰宅した私のもとに
翌日、とんでもないメールが来ました。

それは、
「実は1番の趣味は
 自分の所有しているヨットでのクルージングなので
 その内容を書いても良いですか?」
というもの。

「あれれ?
 昨日、共感されるプロフィールって言ったのに~!!」
と思った私は速攻で電話しました。

そうして伝えたのが
「社長、その話は絶対に出さないでください。
 釣りなら共感できても、
 自己所有のヨットでクルージングは共感されません。

 下手すると
 ”私たちから暴利を取っているんじゃないか?”
 と思われますよ」
でした。

 

共感してもらう重要性

太陽光発電は高額商品です。
高額販売すぎて一般庶民には価格の内訳が理解できません。
そこに自己所有のヨットなんて話をしたら、
暴利をむさぼっていると思われます。

だから絶対にNGです。

このお客様が共感できない内容を書いてしまう
という失敗をしでかす社長さんは大変多くいらっしゃいます。

個人客向けのプロフィールは
顧客に共感をしていただき、
あなたの会社に資料請求や連絡をいただくため
ということを忘れずに書いて下さい。

だから、顧客が、
会社なのか、個人なのか。
男性なのか、女性なのかで
プロフィールの書き方は違います。

ホームページの役割とターゲット客によって
プロフィールの書き方が違うことは覚えておいてくださいね。

そうして、バンバン成約率の高いお客様を集客して、
楽な経営をしてください。

それで、たくさん稼いだら
家族や従業員とクルーザーで
こっそり遊んでください。

【まとめ】
BtoCの商品サービスは、
社長紹介は、共感を狙って書いてください。


【無料】『女性感情マーケティング』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須