漫画とアニメどっちが有効?

漫画は日本を代表する文化です。

娯楽として楽しめるだけでなく、 物事を分かりやすく伝えるために過去から利用されています。

携帯電話のSMS(ショートメッセージ)を活用した集客支援サービスを提供する fonfun (フォンファン)は「マンガでわかるfonfunSMS」を公開しました。

親しみやすいキャラクターと分かりやすいストーリーによって、 サービスの利用方法が効果的に解説されています。

さらに、漫画によって好評を得たfonfunは、ナレーションを新たに加え、 「fonfunらくらくナンバー物語」「fonfunいけいけナンバー物語」の動画版を公開しました。 動画と音声により、より効果的なサービスの説明を行っています。

a0002_010608

インターネット上で注目を得るために、 画像や動画は欠かせないものになっています。

Facebookにおいては、文字だけの投稿に比べ、 画像を含めた投稿は約1.5倍の「いいね」を集め、 約2倍のコメントがなされています。 画像を使用することで強い印象を与えている証明と言えます。 また、顔文字を利用することで 「いいね」、コメント、シェアのいずれも、 3割増しになったという調査もあります。

親しみのある投稿は良い印象を与えます。 顔文字にとどまらず、漫画を活用することで、 より強い印象を与えることが期待されます。

漫画と動画の使い分け

illustrain01-pconnanoko03

漫画と動画はどのように使い分ければよいでしょうか?

漫画のメリットは他の媒体でも活用できる点が挙げられます。 ホームページに画像を添付すると共に、紙の営業資料に印刷することもできます。 漫画は閲覧者のペースで読むことができるので、場所や時間を選びません。

動画の場合、音声を吹き込むため、製作費が上がってしまう懸念があります。 ですが、目と耳に訴えることで、より強い印象を残すことが期待できます。

また、YouTubeで公開することもできるので、 新たなチャネルで販売促進活動を展開することもできるでしょう。 YouTubeでは再生回数や、 動画が最後まで視聴されたかどうか等の データを分析するのも容易なので、 動画の効果を定量的に判断することができます。

漫画でも動画でも、 誰でも理解できるメッセージにまで作りこむことが重要なのは言うまでもありません。

漫画家に制作を依頼する場合、 漫画家は自社製品を完全に理解しているわけではないので、 制作を丸投げしても効果的な作品は作れません。

どのようなキャラクターが どのような体験をするストーリーを作成するのか、 最終的にどのような情報を視聴者に伝えたいのか、 といったメッセージを決めるのは発注者の責任です。

漫画でも動画でも、 目的に適したマーケティング戦略の立案が成功の鍵と言えるでしょう。

まとめ

紙媒体に使うか、使わないか。 音声や動きも重要か。 そこで、アニメか動画か選んでください。

参照元(英語):https://blog.bufferapp.com/7-facebook-stats-you-should-know-for-a-more-engaging-page