スーパーマーケットの生き残り戦略

驚きの安さでした。

先日、高校時代のクラブのOB会で奥多摩を訪れました。
その買出しの際に、同期のK君が「野菜はここ!」と言い張るので、
彼の地元のスーパーマーケットに立ち寄りました。

そのスーパーは、近くに住みたいと思う程、
どの商品も安く、食材はとても新鮮でした。

ランチ用のピザは3枚買っても1000円以内!
インターネット上での口コミも好意的なものが集まっているようです。

グローバル化に負けない企業

どんなに社会の情報化・グローバル化が進んでも、
地元に根差した企業には強さがあります

地元のニーズに合致した商品を揃え、
本当に必要なサービスを提供することができます。
長い営業実績により、優れた供給業者との関係性も構築され、
最適な価格での商品提供が可能になります。
現地の生活者に愛され、固定客を獲得することができます。

2006年のベストセラーである「フラット化する世界」は、
グローバル化の文脈で語られることが多くありますが、
地域密着についても言及しています。

その中で、地元に密着して錨を下ろしている人々は、
グローバル化した社会でも生き抜くことができる
「無敵の民」と呼ばれています。



理髪師、シェフ、マッサージ師、修理工、ベビーシッター、庭師などが、
その例として挙げられています。

地域に密着していれば、弁護士や行政書士のような高度な仕事も、
システムエンジニアのような専門的な仕事も「無敵の民」に含まれます。

さらに、清掃員のような簡単な仕事であっても、
地元と強い絆を築くことで生き残っていくことができます。

前述のスーパーも「無敵の民」と一例と言えるでしょう。

地元のスーパーは、大手のチェーン店はもちろん、
インターネットを使った通信販売とも競争しなければなりません。

地元に錨を下ろしているスーパーは、他の競争相手がいても、
「あのスーパーで買いたい!」
と思わせる価値があるから存続できるのです。

 

行商という商売もある

f0127346_19431429イトーヨーカドー・マルエツ・まいばすけっと等の
大手の系列スーパーは経営が効率的で、
サービスも定型化されています。

地元のスーパーが優れたチェーン店と競争するのは容易ではありません。

大手スーパーの出店により
撤退を余儀なくされたスーパーの例は数限りなくあるでしょう。

しかし、地元に愛されるスーパーが
日本の様々な地域で生き残っているのも確かです。

スーパーに限らず、大手との競争や社会の変化に対応し、
生き残りを図らなければならないのは、どの業態でも同様です。

だからこそ、地元に愛されるスーパーを見ると、
私たち中小企業の経営者としては、なんだか励まされる思いがします。

そうして、商売人としては、
奥多摩でトラックで行商していたおじさんに、
さらに励まされました!

そういえば、
私の地元で一世を風靡した「いなげや」も
元はリヤカーを押しての行商から大きくなりました。

だから、専門特化・グローバル対応の他にも
地域密着商売で「無敵の民」になるという会社経営もありです(^^V)。

【まとめ】
目指せ!
大企業にも負けない
無敵の民になれ!

参照元:http://www.ekiten.jp/shop_199026/review/
http://www.amazon.co.jp/dp/4532312795


【無料】損する失敗広告VS得する成功広告・事例集

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須