USJとTDLの比較から見えるもの 価格設定も戦略的に!  

27d890e2356bdbf8e1ea6fdc64bbbbe2_987
USJでわからない人も、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
と聞けば、なんとかくわかるでしょう。

東京ディズニーランドと並び称される大阪にあるテーマパークです。

ディズニーランドは、ディズニーのテーマパーク。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、ハリウッド映画のテーマパークでしたが、2010年に他のアニメやキャラクターも登場させることにしてました。

その結果、2001年度の1102.9万人以降、ずーっと減り続けてきた入場者数が、2011年度から増え続け、2014年度は2月で1270万人を突破しました。

2002年度 763.7万人(一挙に半分近く減りました)
2003年度 988.9万人
2004年度 810.0万人
2005年度 831.4万人
2006年度 869.8万人
2007年度 864.0万人
2008年度 813.8万人
2009年度 750万人
2010年度 750万人 
2011年度 880万人(ここから上昇)
2012年度 975万人
2013年度 1050万人(やったー!!1000万人以上)

USJは去年ハリーポッターのアトラクションで盛り上がりました。
どのくらい盛り上がったかというと、こんな。
3ff7284d

さて、そのUSJ、
今年は妖怪ウォッチのアトラクションエリアを期間限定で開催。
402a706e0f7b9ea133e0ea41d23f8a97

またまた動員数をあげる模様です。

今回のアトラクション内容は、
ゲームやアニメのように時計型のアイテム「妖怪ウォッチ」を再現し、妖怪を探し出す感動を体験してもらうというもの。
また、アトラクション以外にもパーク内でグッズなどを通じて妖怪ウォッチの世界を楽しめるコンテンツを用意するということです。

こうなると東京から子供を連れてUSJに行く親子も多くなりそうですね。

さて、このところ人気のUSJですが、
入場料や年間パスポートの価格、他のサービスの価格などがTDLと違います。

USJとTDL年間パスポートの価格(大人)
ユニバーサル年間パス(除外日あり)19,800円
ユニバーサルVIP          28,800円
東京ディズニーランド       52,000円
パスポート東京ディズニーシー   52,000円

や!やすい!!

しかし、料金表を見ると
http://www.usj.co.jp/ticket/

????
特定エリアに入るのに別料金だったり、
並ばないでアトラクションが楽しめるエクスプレスパスが
有料の上、高かったりと微妙です。
また、TDLは再入場が可能ですが(規約あり)、USJはダメです。

これなら年間パスポートはTDLのほうがお得ですね。
http://www.tokyodisneyresort.jp/ticket/

あぁ、ややこしい。

年間パスポートの金額だけ考えたら価格設定は、
私はUSJのほうが上手いと思います。

なぜなら、入場して別エリアがあったら
お金払っても入ってしまうと思いますし、
並ぶのに疲れたら高くてもパスポート買ってしまうと思いますから。

でも、売上高は、
TDL 2013年度の収入は、3413億2700万円。
USJ 2013年度の収入は、821億2700万円

差がありすぎます!!

そこから考えられるのは、
ディズニーとハリウッド映画やアニメという基本の差もあるでしょうが、
別エリア=別料金やエクスプレスパスの有料化が
かえってお客様からの売上を減らしている可能性が大きいと言うことです。

また、ややこしいのも売上を減らしますからね。

なお、関西人の友人に、この話をしたところ、
「別エリア料金なんか払わん。疲れて子供が泣いても負けへん!」
一刀両断されました(@@)。

これは前に
「大阪人は猫喫茶なんかにお金は払わん。
 猫なら、そこいらに野良猫がいくらでもおるやんか」
言った人とは別人です。

さすが関西は実益を追求する性質からか、金に厳しい方が多いですね。

東京人なら、すぐ負けますがな(なぜか関西弁)

こういった地域性、県民性も売上高に関係している可能性がありますね。

そこで私は言いたい。
「USJさん、どうでっか? 関東に移動して来まへんか?
 きっと、もっと儲かりまっせ」 と。

大阪の飲食店で食事をするたびに
「このクオリティがこの価格、東京じゃありえない」
と驚きます。

そのくらいお金に関する感覚が関東と関西では違います。

だから、USJも東京進出で成功する気がします。

吉本見習って、そのうち東京進出するかもしれないと
勝手な妄想が膨らむUSJ。

地域性の違いとコンセプトの違いを体感するために
一度体験してみてはいかがでしょうか?

【まとめ】
地域で違う商習慣、金銭感覚。
そこを考えて
価格設定や仕掛けを作り魔性。

 


【無料】損する失敗広告VS得する成功広告・事例集

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須