プチ富裕層を狙え!

世帯年収が1000万円前後というのがプチ富裕層の定義。

私としては、この層がプチ富裕層
と言われるようになっている現状のほうが不安です。

さて、そんな私事は放っておいて・・・

ネット行動分析サービスを提供する
株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)が、
マーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、
全国のモニタ(約20万人規模)のうち、
世帯年収が「1000万円以上」と回答した人を分析ターゲットとし、
2015年1月度の実際のネット行動ログデータを解析

プチ富裕層が観るのは、

◆男性は高級車、ゴルフ、マンション経営のサイト。
 女性は一休.com、百貨店・アパレルECが強い。
◆20~40代の男性では「一休.com」「トリップアドバイザー」「エクスペディア」など旅行系が上位。
◆医療系、旅行予約サイト、高級車、ゴルフ場予約サイト、受験情報メディアなどとの親和度が高いことが判明。

という情報が得られました。

しかも、
【サイト訪問者全体に占めるターゲットの割合】が
高い順にランキングしたものを観ると、
1位と2位はいずれも
医療従事者のみが利用できる医療情報専門サイト「m3.com」となり、
ターゲット含有率は約4割にのぼっています。 

医療関係者は、これからも所得が高くなるでしょうから、
個人客を狙うなら医療関係者が良いでしょう。

d7396-22-574993-1 d7396-22-812225-2 d7396-22-549247-3

ここまでは一般的な情報です。

では、なぜ私がプチ富裕層を狙えと言うのかというと、
この収入帯の世帯が一番お金を使うからです!

私たちの頭の中には、1000万円からお金持ちと入っています。
その証拠に、書籍でも
『バカでも年収1000万円』
『電子書籍で1000万円儲かる方法』
『FXで1000万円稼ぐ本』
など1000万円本がいっぱいです。

だから、この層からお金使いが荒くなります。

どういうわけか800万円層は借金がないのに、
1000万円層は、借金している人の割合がグッと高くなります。

そのくらいプチ富裕層はお金を使うので狙い目です。

ただし、年齢層でも地域でも差がありますよ~。

058020

なお、この情報の使い方は自己責任でお願いいたしますね。

メルマガにも書いた通り、

 マーケティングと道徳は
 一致しないことが多々あります。

 どこまで実行するかは本人次第。

という考え方ですので(爆)。

よろしくお願い申し上げます(爆2)。

【まとめ】
お金使いが荒いのは
年収1000万円の
プチ富裕層ですよ。


【無料】『女性感情マーケティング』メール講座

cta01

もしかしたら
あなたも、こんな間違いを犯しているかもしれません・・・。

氏名 必須 姓: 名:
メールアドレス 必須