グーグル成功の秘密はバイアスの理解にあり

グーグルが社員教育で力を入れている「無意識バイアス」の理解

Googleが成功し続けるために 社員教育で実施しているのは 「無意識バイアス」への理解でした。

それを知った瞬間、 私はグーグルの成功の秘密を知ったような気がしました。

なぜなら、 この「無意識バイアス」から逃れるのは とても難しいのに、 もし逃れられたら膨大な可能性が得られるからです。

たとえば、記事の中にはこう書いてあります。

  人間は毎秒1100万にも及ぶ情報を受け取っていますが、 毎秒40しか処理できません。 つまり、受け取る情報の99.999996%は処理できず、 無意識のうちにスルーしてしまっているというわけ。

この処理できていない99.999996%のうち 0.000001%が意識できたら、 他社や他人より楽々と成功できます。

だから、グーグル社では、 この「無意識バイアス」の教育に力を入れているのです。

無意識バイアスへの対抗策

無意識バイアスは自分では気づきにくいものです。 なにせ『無意識』なので意識化できないのですから。

では、無意識バイアスを打ち負かすにはどうすればいいか、 解決策となるのは、

「1:成功への構造」

「2:データ収集」

「3:わかりにくいメッセージに対する理解」

「4:責任の分配」

だそうです。

この中から1つを実行すると、 無意識バイアスを防げるとのこと。

「わかった」は「できる」の2つ手前

さて、ここで

「そうか、4つね。わかった」

と思ったあなた。

それが「無意識バイアス」です。

私たちが「できる」ようになるには、

知らない 知った わかった やってみてもできない やってみてできる 習慣化して即できる 熟練する

という順番に進みます。

わかっていても「できない」です。

だから「わかった」で終わってしまってはいけません。

無意識バイアスを回避するには「やってみる」ことが重要

私たちの日常には、 この「無意識バイアス」がいっぱいです。

しかし、コロンブスの卵のような 柔軟な使える発想を持つためには、 この「無意識バイアス」があるということを自覚して 必要なら「無意識バイアス」を回避できると良いですよね。

だから、採用から商品開発、お客様対応まで 他社より一歩も二歩も先を行きたいあなたは、 自分自身の思考をクリアにするようにしてください。

「1:成功への構造」

「2:データ収集」

「3:わかりにくいメッセージに対する理解」

「4:責任の分配」

をGoogleがどうやっているのかは公開されていませんが、 観察力と分析力。想像力と責任感があって努力すれば、 そこそこ無意識バイアスから逃れられそうな気がします。

お互いにGoogle目指して頑張りましょう!

まとめ

私たちの思考にはバイアスがいっぱいです。 そのことを自覚して行動しましょう。